チャーハンを作るときに注意したいポイントの紹介

チャーハンイメージ図
チャーハンイメージ図

チャーハンは本来は中華なべで、数十秒の加熱で一瞬で焼き上げるのが元々の調理方法だ。
具は刻んでおいて、時卵からさきにいれて、ご飯を入れて具を入れて、パラパラに焼き上げる。

スポンサード リンク

チャーハンを作るポイント

豚肉が具のシンプルなチャーハン
豚肉が具のシンプルなチャーハン
  • 中華料理屋のガスコンロの火の量は強い。
  • 中華鍋は薄い上に鉄製なので錆びやすいので、管理が難しい。
  • よっぽど頻繁に調理する人でないと中華料理屋のチャーハンと肩を並べるのは難易度が高い。

チャーハンの材料

  • 炊いた米。一般的な白米のご飯
  • 玉子 1個か2個
  • チャーシュー(市販の物でも自作の物でも可能。適量刻んで容易する)
  • 長葱の白い部分
  • ラード
  • 塩・胡椒
  • 醤油

※ラードがあると味付けが良くなる。無ければウェイパー(創味シャンタン)など。

ラードを結構な量ぶちこめばそれだけでもパラパラにすることは可能。
ただし火力が強くないと脂分はうまく噴きとばないためベタベタ度合いが強いことになるのである程度加減は必要。
ご飯の量・鍋の火力・具の水分量・油(ラード)の量が適度であることが必須。
中華鍋は鉄なべなので自宅での管理は結構面倒くさいのが難。

一般家庭向けにアレンジされたレシピ

  • 卵を少量、ご飯にさきに混ぜておく
  • 先にご飯に卵を混ぜておく事でご飯粒がパラパラになる。火加減はきちんと加熱しないといけない。

  • マヨネーズを少しご飯に混ぜる
  • ご飯にマヨネーズを混ぜると 『卵をまぜる』のと同様の効果が得られる。マヨネーズの味も加熱するとなくなるので味は大して変わらない。

家庭で作る場合の調理器具

これは、一般家庭の、IHヒーターはもとより、ガスコンロでも無理だ。
IHヒーターは向かない。
ガスコンロがなければ、チャーハンを作るのは無理がある。
作れない事もないが、むいてはいない。
むしろ調理器具が、加熱されるまでの時間が面倒だ。
ガスコンロで作る場合でもテフロン加工されたようなものでも、チャーハン用に適した薄いフライパンなどが適している。

一般家庭で美味しいチャーハンを作るには

ガスコンロ、チャーハンに適したフライパンなど。
ごはんと調理方法の簡略化があると大抵パラパラのチャーハンは用意に作る事が可能だ。
ただし東京都内の1RマンションはIHヒーターだらけの住環境なので、絶望的だ。
炊飯器で作るチャーハンのレシピなども世の中には存在しているが、炒めていないチャーハンは炒飯としては認めることが出来ないので割愛する。
ただIHヒーターでも焼き飯であれば可能だとは思うので考慮したいところではある。

IHで作るチャーハン。

それでもIHでチャーハンを作るという場合。

    事前に材料はカットしたりまぜたりして用意しておくこと。

  1. 熱したフライパンにラードを入れる
  2. 溶き卵を入れる
  3. 玉子がかたまり切る前にご飯を投入する。
  4. まぜる
  5. 葱・チャーシュー・塩・胡椒・投入する。
  6. まぜる

チャーハンの定義
『炒飯』と言う文字の通り、ご飯を炒めた物はチャーハンだ。
おにぎりの形のまま焼いたら焼きおにぎりですけど、ご飯のままパラパラになるように炒めれば炒飯です。

チャーハンの具
具は豚肉のチャーシューを魚介類のシーフードに変更すればシーフードチャーハン。
鶏肉に変えても良い。←ただし味は弱まる。(豚肉の脂身が美味いという面が大きい)
葱以外にも様々な野菜を適量突っ込んでも良い
絶品チャーハン レシピ