肉の価格はスーパーで異なる。
産地で異なる。
部位で異なる。
鶏肉や牛肉冷凍肉などは安い傾向はある。(ただし量が多く解凍→調理する用途によっては困難。)
最低価格から高いものはいくらなのか?

肉の価格は店舗や時期で結構上下があったりしますが、一応の目安に。

スポンサード リンク

食肉の代表格

牛肉・鶏肉・豚肉・魚など。
おもに肉と言うのは前者3種が主体。
他にも羊肉やイノシシ肉なども食用として食べる機会はありますがメジャーな食材ではないので割愛。
価格は、牛>豚>鶏
傷みやすいのは、鶏>豚>牛
どの肉でもカンピロバクターなどの菌の感染の可能性がさばかれている時点から存在するため、必ず火を通して食べることが求められる。
生の肉だけでなく冷凍されたままの状態で各種肉を販売している店舗もある。

牛肉

牛肉 オーストラリア産かアメリカ産が多い180円程度~
国産牛肉(100g)数百円程度~
高級牛肉だと100gで数千円からというのはゴロゴロある。
ロース肉は高い。
ブロック肉はパックで小分けに販売されているものよりは安い。
「切り落とし」などは安い傾向がある。

鶏肉

  • 鶏肉はムネ肉が安く、モモ肉が高い。ササミの倍以上ことなることもある。
    鶏肉は、ブラジル産等が多い モモ肉でカットされたものだと安くて78円程度。
  • 国産:銘柄でピンキリ
    名称無く国産とだけ記されているものだとモモ肉で110円程度~
    ササミやムネ肉などは国産の鶏肉が主体。
  • ローソンのたれ付き焼鳥ローソンのたれ付き焼き鳥はオイシクない。
    まだ鶏唐のほうがマシな味なのですがとりからも最近は味が劣化したように感じる。

    豚肉の価格


    動画

    小間切ゆ切り落としだと安く買える。

    • 豚ブロック肉 アメリカ産等 100g140円~ 切り落としだと78円~等
    • 国産豚肉は銘柄でピンきり
    • 豚肉の価格はやや高い。

    肉の部位と価格

    ブロック肉だとg単位の価格が解りやすい。
    味付け肉含む加工食品は、正味の肉の量では無いので、肉がどの程度か分かりにくいのが難点だ。
    当然それらの”肉”がお得なのかどうかということは疑問視すべきだろう。
    輸入肉
    オージービーフ等の海外の牛肉でもステーキ肉などで300g肉を買うとしても600円程度かかる。
    この点ペッパーランチなどの外食ステーキで考えると300gで1000円なので調理や手間、付けあわせや調味料の価格を考えると外食が必ずしも割高という感じはしない。

    スーパー等で購入したほうが、単価は安いわけではあるが、
    一人暮らしだと、まとめ買いしてまとめて調理しないとしないかぎり、お特に感じない点だろう。
    家庭の世帯よりも一人暮らしの方が節約しない場合は小回り便利になった感じが強い。

    肉の保存方法

    ブロック肉などは1回で食べる量を小分けにして、冷凍保存するのが無難
    スーパーなどで購入した肉もパックから出して、ナイロン袋などに移し変えて冷凍保存したほうが劣化しにくい。
    アルミ板などがあればそれに乗せて冷凍したほうが熱伝導が効率よいためお勧めだ。
    薄切りの肉は、保存には不向きだ。冷蔵・冷凍保存ともに傷みやすいので、購入後は即調理して食べたほうが良い。