らーめん曳舟にて「らーめん醤油」750円を食べてみた。
これは一言で言うと従来の基本的な醤油ラーメンを思いかえすラーメンの味だった。
味は悪くはないけど個性とか旨みで強みがある出来ではない。
正直に、時代に遅れない『スタンダートなラーメン仕上げたような感じ。』
目新しく斬新なものが無い。

スポンサード リンク

動画

食べた感想

らーめん曳舟「らーめん醤油」750円
らーめん醤油」750円
  • スープ
    鶏清湯ベースの出汁に
    かえしは醤油ダレだろうか。
    味は良いのですが抜きんでて目新しさとか個性には弱い。
    まだここの店舗で食べるとしたら50円高くても白湯のほうが良い。
    らーめん曳舟濃厚鶏800円(しょうゆ)

  • 麺は細目の麺。個性的な感じは無い。
    麺量はすずめ食堂よりは少ない気がする。

  • らーめん曳舟「らーめん醤油」750円の具
    豚肉チャーシュー
    豚肉のチャーシューはぶ厚めなので食べ応えあり
    らーめん曳舟「らーめん醤油」750円の鶏肉
    鶏肉

    鶏肉は、柚子の香りが付いてる気がした。
    ネギ類は細かいのが浮いてる程度。
    らーめん曳舟「らーめん醤油」750円の具
    穂先メンマは普通。塩分程度の味しか感じず特別特殊な味付けがほどこされているようには感じず。

味はわるくないけど好んでここの店舗で750円のラーメンを食べるほどの味では無いかなと思った。

完食した丼

    単純な評価だと

  • 竹末東京の醤油そば800円よりは、味の特徴としては弱い。
  • ただすずめ食堂と中華そばとは好みで分を分けそうな味ではある。
  • すずめ食堂は公式サイトのクーポンで味玉1個無料があるのでこの点では強みかもしれない。

竹末東京にはポイントカードシステムもあるので、頻繁に利用する人には、基本価格の高め路線を多少緩和する要素があることも見逃せない。
味で比較しても竹末東京>すずめ食堂=ラーメン曳舟>「麺処なんでやねん」という感じだろうか。
中川會曳舟店 (麺屋 頂 中川會)が営業していれば竹末東京とほぼ同列に並ばせたいが。

営業時間

営業時間が
昼営業が開始している

近隣他店

曳舟駅近くのラーメン店は、
中川會曳舟店が再開営業日不明なうえに 中川會曳舟店 (麺屋 頂 中川會)当分営業が休み
麺処なんでやねんも不定期な昼営業になっている2017年8月現在、
らーめん曳舟が昼営業開始してくれたのは嬉しい所。
すずめ食堂は、基本メニューは多いけど中華そば薄めに対して他メニューは濃いだけの味なのでバリエーションに弱いのがネック。(飽きる)
鶏豚も存在はしているが割愛の、
まぁ押上駅までいけば沢山ラーメン店はありますが、季節柄暑いので遠出はしたくないのでした。
食べ終えて満腹量にちょっと近い容量。
多分後、半ライス位食べて満腹な量かもしれない。
前回:らーめん曳舟濃厚鶏 塩 800円

ラーメンレシピ | ラーメン屋の原価 | ラオタとは | ラーメン通販ランキング


人気&有名店のラーメン・つけ麺をお取り寄せ 宅麺.com