ラーメンの記事(Ramen・Noodles)

ラーメンは中華麺とスープを使った料理です。
基本的にラーメンの作り方は、タレを入れて出汁を注いで麺を入れる。
その上に各種具をトッピングする。
味の要は、出汁とタレであり、この2つが味の要だと言える。

竹末東京プレミアムの鶏そば850円
竹末東京プレミアムの鶏そば850円
日本では一般的によく食べられる料理で、自宅で作る人もいますし店舗でラーメン屋として営業しているお店も数多く存在しています。
ラーメンはラーメン屋や中華そば屋で出される生麺のラーメンに対して、
自宅で作れるラーメンは袋のインスタントラーメンや、カップラーメン・冷凍ラーメンなどが存在しています。

ラーメンを「そば」と表記する事例

ラーメンメニューなのに「そば」と表記する店舗がわりとある。
中華そばからの名残だと思いますが、
外国の人が混乱しそうだよなと思うばかりです。

ラーメンの出汁と味

味は地域によって異なる印象があり、九州だと豚骨のイメージで熊本県では馬油(マーユ)の仕様などがある。
北海道だと味噌やバターなどの使用など。
新潟県では背脂をふんだんに使った燕三条系。
各地で特色やアレンジが異なる傾向にある。
基本的にスープの本体の素材は、豚骨ベース・鶏がらベース・野菜ベースのスープにタレを加えたものがラーメンのスープの主要な原料です。
2種類以上のスープを混ぜたものも増えている。
最近では魚が煮干しだけではなく、魚の身から丸ごと出汁を取る店舗も出てきている。
麺は小麦が原料ですが、うどんや蕎麦、パスタ等とは、異なる独自の進化を続けているのがラーメンというメニューです。

日本のラーメン

日本におけるラーメンの元祖とされる、明治43年に浅草に創業された飲食店は?

というクイズか何かわかりませんが
答えは: 来々軒
とされていますがラーメンの元祖というものは、様々な説があるため一概にここだということは断言できない。
中華そば(しな蕎麦)とラーメンとの違いは名称くらいで、スープも具も類似することが多い。
ただし日本で独自に使われている具材も多い。
ラーメンの特徴は、店舗ごとのアレンジも大きいため当たりはずれがある店舗も多きいのが特徴です。
日本のラーメン屋では、生麺も各店舗独自の物を用意していることが多い。
主に中華麺を用いることが多いのですが太麺や細い麺などサイズや種類は多種多様な特徴がある。

ラーメンの安全

反対にチェーン展開しているラーメン屋だと味はどこでも安定して食べる事ができますが、保存料や添加物が懸念されます。(工場でスープを作るセントラルキッチンという方式)
20161026に食べたすずめ食堂の味噌ラーメン
逆に品質にこだわるラーメン店では無化調とよばれる化学調味料を一切使わない方法でラーメンを作っているお店も存在しています。

即席めん

他にもインスタントラーメンやカップラーメン、冷凍ラーメンなど様々レトルトのラーメンが販売されており種類は日本国内だけでも食べつくせないくらい数多くの種類が販売されています。
(韓国などは店でも即席麺を使用したものをラーメンとして出しているようですがあれは酷いと思う。日本で同様のことを行うと総叩きにあうだろう。)
乾麺に関しては異なる。
家系ラーメンの記事

動画

ラーメン屋の動画 (Ramen movie)

世界初、ラーメン店に「一つ星」 Japanese Soba Noodles 蔦焼豚醤油そば(ラーメン屋)

竹末東京プレミアムについて

⇒楽天市場で『ラーメン』検索する

ラーメンレシピ | ラーメン屋の原価 | ラオタとは | ラーメン通販ランキング


人気&有名店のラーメン・つけ麺をお取り寄せ 宅麺.com

武蔵家 北千住店2回目 ラーメン650円

ラーメン 食品
武蔵家北千住店2回目 ラーメン650円

久々の家系ラーメン。 これで2度目の訪問なのですが、濃い 味噌マタドール行こうか悩んだのですが、家系なラーメンあまり食べないので、武蔵家まで。 動画 食べた感想 最初にライスが出てくる。 このため卓上の沢庵で先に食べる。・・・

すずめ食堂で久しぶりに『つけ麺』を食べてみた。|東京都墨田区のラーメン屋

ラーメン 食品
すずめ食堂の『つけ麺』

結構だいぶ前に食べた「すずめ食堂」のつけ麺 今週の土日は、中川会がイベント休みだったので、他の店に行くにも昼営業時間的に困難だと判断し すずめ食堂で『つけ麺』をまた食べてみた。 確か正式名称は「つけそば」だった気がしますが。850円。

らーめん曳舟濃厚鶏800円(しょうゆ)

ラーメン 食品
らーめん曳舟濃厚鶏800円

東武スカイツリーラインの曳舟駅近くのラーメン店『らーめん曳舟』で濃厚鶏800円を食べてみた。 以前あった店舗と、カレー屋山小屋のイメージで、おっかない印象で食べに行ってみたら出されたラーメンは普通においしい鶏白湯のスープだった。 てつきりマズイ事を予想していたのが吹き飛ばされた。 ただいくつか腑に落ちない要素は残ったか。

のじじというラーメン店にて煮干し中華そば750円(本所吾妻橋駅近くのラーメン屋)

ラーメン 食品
真上から見た図 のじじ 煮干し中華そば750円

本所吾妻橋駅近くにて本日オープン。(プレオープンは1週間くらいやっていた模様) 煮干中華そば のじじR本所吾妻橋にて 煮干し中華そば750円を食べてみた。 左上の食券ということしか確認はしていない。 味は煮干し然とした味。 悪くは無いけど個性的だったり突出している要素は無いかな。

中華そば小720円ネギ100円岩のり220円|らーめん潤亀戸店

ラーメン 食品
中華そば小720円ネギ100円岩のり220円 らーめん潤亀戸店

東京都江東区のラーメン店、らーめん潤亀戸店にて中華そば小720円ネギ100円岩のり220円他を食べてみた。 暑い季節の2017年7月25日。 ただ先日竹末東京で煮干し系の冷やし食ったためか、らーめん潤の煮干しも改めて食べてみたくなり再チャレンジ。 前回鬼油だったため魚っぽさが感じにくかったので中華そば背脂は標準で ネギ100円 岩のり220円 トッピングを追加したのは、これらの具追加を最近食べていなかったから。

冷やし真鯛らーめん|真鯛らーめん 麺魚

ラーメン 食品
冷やし真鯛らーめん

久しぶりに墨田区錦糸町のラーメン屋『麺魚』。初回食べた時から既に1年以上経過している。 流石に移転しても外と店内行列でカウンターにつけるまで20分はかかった麺魚 味は悪くないけどラーメン1杯分相当食べきるにはツラい味。 行列の先頭が分からなくて困った 向かって⇒端が先頭だと尋ねるまで気づけなかった。(赤っぱじ) 店舗の入り口反対側(公園側で無い所が先頭とのこと。公園に後続が続くこと考えると利には適っていますが、初回だと気づけない) 食べた感想は、味は良いけど中盤以降飽きる味だった。 冷やしよりは普通の熱いのが良い。

開山の後に、『らーめん曳舟』という新店舗

ラーメン 食品
メニュー らーめん曳舟

らーめん開山が有った店舗に新しくラーメン店が出来るっぽい。 2017年6月3日に閉店していた張りがみが貼ってあった開山ですが射貫きでラーメン店としてもちょっと2カ月でまたラーメン店が出来るとは想像していなかった。 新しいラーメン店の名前は『らーめん曳舟』らしいが、 掲載されている文字も「らぁ~めん曳舟」とメニューに「らーめん曳舟」と書いているのでどっちが正式名称なのかは不明だ。

冷やし辛そば|竹末東京プレミアムの限定麺

ラーメン 食品
冷やし辛そば|竹末東京プレミアムの限定麺

辛み酸味トマトの甘みでばらけている。 最初はスープの味も味わえて美味しいのですが 中盤酸味が強く感じてきて後半辛みが強く感じてしまう。 後半『辛い』一色た。 味は悪くないけど全体としては食べ終えて満足度は弱い。 一言でいうと今回の「冷やし」よりは熱いトムヤンクン風の方が美味しかったという味。 冷やしのハードルは難しいのかな。

ページの先頭へ