ラーメンの記事(Ramen・Noodles)

ラーメンは中華麺とスープを使った料理です。
基本的にラーメンの作り方は、タレを入れて出汁を注いで麺を入れる。
その上に各種具をトッピングする。
味の要は、出汁とタレであり、この2つが味の要だと言える。

竹末東京プレミアムの鶏そば850円
竹末東京プレミアムの鶏そば850円

日本では一般的によく食べられる料理で、自宅で作る人もいますし店舗でラーメン屋として営業しているお店も数多く存在しています。
ラーメンはラーメン屋や中華そば屋で出される生麺のラーメンに対して、
自宅で作れるラーメンは袋のインスタントラーメンや、カップラーメン・冷凍ラーメンなどが存在しています。

ラーメンを「そば」と表記する事例

ラーメンメニューなのに「そば」と表記する店舗がわりと存在している。
もともと日本にあった細い麺料理の蕎麦にたいして
中国から来た麺料理を「支那そば」と名付けたことが由来とされている。
「しなそば」が転じて中華そばとなった。
SOBAだと、外国の人が混乱しそうだと思うばかりです。

ラーメンのスープの構成

    ラーメンの好みの趣向の問いで、
    何ラーメンが好きかという問いで、

  • 「醤油」「塩」「味噌」という選択肢はわかるのですが
    『とんこつ』という回答はちょっとジャンルが違う。
  • 「とんこつ」の分類からすると、「鶏」「豚」「魚介」「野菜」など出汁の分類なので、ジャンルが違う話題になる。
    回答として間違いではないのですが…
  • もっと端的に言うと、
    「二郎」「天一」「家系」「G系」と答えるレベルに違う。

もしかすると油そば(まぜそば)が好きとか、「汁無し」が好きと回答されると、頭抱えることになる。

出汁


  • 鶏ガラ
    モミジ
    丸鶏

  • 豚骨
    豚肉

  • 魚介類
    煮干しや魚の身などからとるスープも存在している(真鯛や鮎 等)。
    魚粉などを後から入れる所も。
  • タレ

    醤油・塩・味噌など。
    味の決め手として、スープよりも重要というタレの存在は味だけでなく風味を占めることも多い

    鶏脂(チーユ)・馬油(マーユ)、ネギオイル・その他香味油
    スープの上にのせる油は別個追加することが多く香味油などは多種多様に変化をつけることができる要素の一つ。

    ラーメンの出汁と味

    味は地域によって異なる印象があり、九州だと豚骨のイメージで熊本県では馬油(マーユ)の仕様などがある。
    北海道だと味噌やバターなどの使用など。
    新潟県では背脂をふんだんに使った燕三条系。
    各地で特色やアレンジが異なる傾向にある。
    基本的にスープの本体の素材は、豚骨ベース・鶏がらベース・野菜ベースのスープにタレを加えたものがラーメンのスープの主要な原料です。
    2種類以上のスープを混ぜたものも増えている。(ダブル・トリプル等)
    最近では魚が煮干しだけではなく、魚の身から丸ごと出汁を取る店舗も出てきている。
    麺は小麦が原料ですが、うどんや蕎麦、パスタ等とは、異なる独自の進化を続けているのがラーメンというメニューです。
    ラーメン屋 関連記事

    ラーメンの具

    ラーメンに盛り付ける具材も昔と今では変化してきている。これはスープやタレよりも大きな変化が出やすく店舗によっても差が激しい特徴がある。

    • 丸い塊肉のチャーシューのイラストチャーシュー(煮豚)
    • 味付けメンマ イラスト風メンマ
    • 海苔
    • ナルト
    • 青ネギ・長葱・モヤシ
    • 玉子
    • 以前はこういった物だったものであり、具がメインではなく、ラーメンのかさまし的なオプションの位置だったものが現在では様々な具を使う所が多い。

      変化するラーメンの具
      現在のラーメンの具はそれだけでもメインとして食したい具が増えている。

    • 低温調理チャーシュー、魚の身、燻製など
    • 味玉(味付けした煮卵・中身に注射器上のもので味を注入する工夫やボイルドエッグなども)産地にこだわった卵も多い他ウズラ等の卵を起用するところも。
    • 玉ねぎ(甘味が強い紫玉ねぎの利用も見られる。)
    • 青梗菜や小松菜・スプラウト等の野菜。
    • パクチー(辛めのラーメンに添えられることが増えてきた。)
    • 穂先メンマ

    ラーメンのトッピングされる具は、スープやタレと違い変化させやすい為、様々なバリエーションが容易に行える。
    しかし具に進化が無いラーメン屋は底がしれるとも言える。

    日本のラーメン

    日本におけるラーメンの元祖とされる、明治43年に浅草に創業された飲食店は?

    というクイズか何かわかりませんが
    答えは: 来々軒
    とされていますがラーメンの元祖というものは、様々な説があるため一概にここだということは断言できない。
    中華そば(しな蕎麦)とラーメンとの違いは名称くらいで、スープも具も類似することが多い。
    ただし日本で独自に使われている具材も多い。
    ラーメンの特徴は、店舗ごとのアレンジも大きいため当たりはずれがある店舗も多きいのが特徴です。
    日本のラーメン屋では、生麺も各店舗独自の物を用意していることが多い。
    主に中華麺を用いることが多いのですが太麺や細い麺などサイズや種類は多種多様な特徴がある。
    自家製麺を採用している店舗も有る為、『ラーメンの麺』は一概にこういう麺だと言い切ることは難しくなっている。

    ラーメンの安全

    反対にチェーン展開しているラーメン屋だと味はどこでも安定して食べる事ができますが、保存料や添加物が懸念されます。(工場でスープを作るセントラルキッチンという方式)
    20161026に食べたすずめ食堂の味噌ラーメン
    逆に品質にこだわるラーメン店では無化調とよばれる化学調味料を一切使わない方法でラーメンを作っているお店も存在しています。

    即席めん

    他にもインスタントラーメンやカップラーメン、冷凍ラーメンなど様々レトルトのラーメンが販売されており種類は日本国内だけでも食べつくせないくらい数多くの種類が販売されています。
    (韓国などは店でも即席麺を使用したものをラーメンとして出しているようですがあれは酷いと思う。日本で同様のことを行うと総叩きにあうだろう。)
    乾麺に関しては異なる。

    家系ラーメンの記事

    動画

    ラーメン屋の動画 (Ramen movie)

    世界初、ラーメン店に「一つ星」 Japanese Soba Noodles 蔦焼豚醤油そば(ラーメン屋)

    竹末東京プレミアムについて

    ⇒楽天市場で『ラーメン』検索する

    ラーメンレシピ | ラーメン屋の原価 | ラオタとは | ラーメン通販ランキング


    人気&有名店のラーメン・つけ麺をお取り寄せ 宅麺.com

    牡蠣ラーメン 「麺や佐市」

    ラーメン 食品
    牡蠣ラーメン 「麺や佐市」

    牡蠣ラーメン 佐市について気になる情報があったのでメモしておきます。 気になっているラーメン店の一つではあるのですが、なかなか足を運ぶ気になれない。 単に錦糸町駅周辺にラーメン店が多いことも行く機会なくしている理由の一つ。

    新ラ王の『日清ラ王背油濃コク醤油』食べてみた|カップラーメン

    ラーメン 食品
    文字「『日清ラ王背油濃コク醤油』」

    パッケージには、日清史上最高傑作次世代ノンフライ麺 日清ラ王背油濃コク醤油と記載されている。 カヤクが、チャーシューとカヤク(もやしとネギ) スープは粉末スープと液体スープ 麺は黄色っぽい色のインスタント麺です。太麺です。 さてさて生麺タイプの時のラ王と、どのように違うのだろうか・・・。 画像無し。動画無し。(データが見つからないため) 記事書いた日 不明

    「真島組!解散らぁ麺」 (貝酸辣麺)と牛チャーシューご飯食べてみた|みそ味専門マタドール

    ラーメン 食品
    「真島組!解散らぁ麺」 (貝酸辣麺)|みそ味専門マタドール

    1日20食限定と知らずにみそ味専門マタドールに行ったら、なんとか有った「真島組!解散らぁ麺」 (貝酸辣麺)。 950円の限定麺の食券購入して食べてみた。龍が如く×宅麺のコラボイベントの限定麺らしい。 真島組!解散らぁ麺(貝酸辣麺)950円と「牛チャーシューご飯」350円!

    生姜醤油そば(限定麺)食べてみた|らーめん潤亀戸店

    ラーメン 食品
    生姜醤油そば(限定麺)らーめん潤亀戸店

    らーめん潤亀戸店にて限定麺が行われていることを知ったので『生姜醤油そば 』食べてみた。 美味しいんだけどズバ抜けて美味いということはなかった。 生姜の味が、しっかりするラーメンという印象 醤油ダレの特徴や スープに他に何が使われているのかは分からなかった。

    ページの先頭へ