ラーメンの記事(Ramen・Noodles)

ラーメンは中華麺とスープを使った料理です。
基本的にラーメンの作り方は、タレを入れて出汁を注いで麺を入れる。
その上に各種具をトッピングする。
味の要は、出汁とタレであり、この2つが味の要だと言える。

竹末東京プレミアムの鶏そば850円
竹末東京プレミアムの鶏そば850円
日本では一般的によく食べられる料理で、自宅で作る人もいますし店舗でラーメン屋として営業しているお店も数多く存在しています。
ラーメンはラーメン屋や中華そば屋で出される生麺のラーメンに対して、
自宅で作れるラーメンは袋のインスタントラーメンや、カップラーメン・冷凍ラーメンなどが存在しています。

ラーメンを「そば」と表記する事例

ラーメンメニューなのに「そば」と表記する店舗がわりとある。
中華そばからの名残だと思いますが、
外国の人が混乱しそうだよなと思うばかりです。

ラーメンの出汁と味

味は地域によって異なる印象があり、九州だと豚骨のイメージで熊本県では馬油(マーユ)の仕様などがある。
北海道だと味噌やバターなどの使用など。
新潟県では背脂をふんだんに使った燕三条系。
各地で特色やアレンジが異なる傾向にある。
基本的にスープの本体の素材は、豚骨ベース・鶏がらベース・野菜ベースのスープにタレを加えたものがラーメンのスープの主要な原料です。
2種類以上のスープを混ぜたものも増えている。
最近では魚が煮干しだけではなく、魚の身から丸ごと出汁を取る店舗も出てきている。
麺は小麦が原料ですが、うどんや蕎麦、パスタ等とは、異なる独自の進化を続けているのがラーメンというメニューです。

日本のラーメン

日本におけるラーメンの元祖とされる、明治43年に浅草に創業された飲食店は?

というクイズか何かわかりませんが
答えは: 来々軒
とされていますがラーメンの元祖というものは、様々な説があるため一概にここだということは断言できない。
中華そば(しな蕎麦)とラーメンとの違いは名称くらいで、スープも具も類似することが多い。
ただし日本で独自に使われている具材も多い。
ラーメンの特徴は、店舗ごとのアレンジも大きいため当たりはずれがある店舗も多きいのが特徴です。
日本のラーメン屋では、生麺も各店舗独自の物を用意していることが多い。
主に中華麺を用いることが多いのですが太麺や細い麺などサイズや種類は多種多様な特徴がある。

ラーメンの安全

反対にチェーン展開しているラーメン屋だと味はどこでも安定して食べる事ができますが、保存料や添加物が懸念されます。(工場でスープを作るセントラルキッチンという方式)
20161026に食べたすずめ食堂の味噌ラーメン
逆に品質にこだわるラーメン店では無化調とよばれる化学調味料を一切使わない方法でラーメンを作っているお店も存在しています。

即席めん

他にもインスタントラーメンやカップラーメン、冷凍ラーメンなど様々レトルトのラーメンが販売されており種類は日本国内だけでも食べつくせないくらい数多くの種類が販売されています。
(韓国などは店でも即席麺を使用したものをラーメンとして出しているようですがあれは酷いと思う。日本で同様のことを行うと総叩きにあうだろう。)
乾麺に関しては異なる。
家系ラーメンの記事

動画

ラーメン屋の動画 (Ramen movie)

世界初、ラーメン店に「一つ星」 Japanese Soba Noodles 蔦焼豚醤油そば(ラーメン屋)

竹末東京プレミアムについて

⇒楽天市場で『ラーメン』検索する

ラーメン二郎で大マシで注文したラーメン残したツイートの余波

Twitter ラーメン ソーシャルメディア 食品
文字『ラーメン二郎で大マシで注文したラーメン残したツイート』

ラーメン二郎で大マシで注文したラーメン残したツイートについて。 これって、普通にらーめん二郎を知っていたら大でマシとか頼まない。 私的には、店舗の意見に肯定ではあるが、 意外と否定的な意見もWEBでは多いようなので何か疑問視してしまう。

特BB みそ味専門 マタドール

ラーメン 食品
みそ味専門 マタドールのラーメン『特BB』というメニュー950円

みそ味専門マタドールにて限定っぽいメニューを食べてみた。(限定なのかなと思ったら検索してみたら定番メニューの様だった。) 「特BB」というメニュー950円 醤油と黒胡椒が利きすぎている味のスープだった。 私的にはスープの味が解るラーメンの方が好きではある。

サッポロ一番 野郎ラーメン 豚骨野郎ラーメン

ラーメン 食品
サッポロ一番 野郎ラーメン 豚骨野郎ラーメンの側面のパッケージ

サッポロ一番(サンヨー食品)から販売されていた野郎ラーメン豚骨野郎ラーメンという縦型のカップラーメンローソンで購入したカップ麺。 200円ちょうどくらいの価格で購入した。 購入して数日たってから食べるわけですが縦型容器のカップ麺前回のがイマイチだったので若干食べる気力は失せていたのですが「野郎ラーメン」というとがっつり系なので気になって買ってしまったのでした。

ニュータッチ 凄麺 新潟背脂醤油ラーメン|カップラーメン

ラーメン 食品
ニュータッチ 凄麺 新潟背脂醤油ラーメンのパッケージの写真

スーパーでなんとなくカップ麺売り場近くを通ったら『ニュータッチ 凄麺 新潟背脂醤油ラーメン』というカップラーメンが目についたので1個だけ買ってみた。 店頭価格で203円。 正直カップラーメンなのに濃い緑色のパッケージだったのでハズレ率高そうだなと思ったのですが全くそんなことは無かった。 これ絶対パッケージで損していると思う。 意外と美味しいカップラーメンだった。

鶏清湯 青 900円 拉麺 吉法師

ラーメン 食品
鶏清湯 青 900円 拉麺 吉法師

東京都墨田区都営浅草線の本所吾妻橋駅近くのラーメン店拉麺 吉法師にて鶏清湯 青 900円を食べてみた。(ちなみにこの店舗利用するのは半年ぶり位) この青いラーメンは2017年1月中旬位から販売しているもよう。 濁った鶏スープからミンチ肉で白濁を取り除いた清湯スープを使っているという吉法師の青いラーメン メニューでは『掃湯』という単語が記載されていましたが、該当の単語で検索すると無料ブログなどでレシピが出てくる。 味は濃厚な清湯スープだったという感じ。

中華そばサンジのカップラーメン煮干し香る生姜醤油|マルちゃん

ラーメン 食品
中華そばサンジのカップラーメン煮干し香る生姜醤油 

中華そばサンジのカップラーメン製造販売はマルちゃんでTRYのロゴが有るカップ麺。 第8回最強の次世代ラーメン決定戦Yahoo!特別企画ラーメン特集2016-2017と書かれていて 準優勝中華蕎麦サンジと記載されている 先に言っておくと、個人的には 袋ラーメン(乾)⇒縦型カップ麺⇒横型カップ麺⇒冷凍めん と好きであり 縦型容器はあまり好きではない。

ニラ肉味噌らーめん らーめん潤亀戸店

ラーメン 食品
ニラ肉味噌らーめん らーめん潤亀戸店

らーめん潤亀戸店にて、残りのメニューとして『ニラ肉味噌らーめん』930円だったか 食べていなかったので食べてみた。 背脂:標準 ニンニク:ありで注文。 このメニューは、「越後味噌らーめん」とか「潤次郎らーめん」よりも食べやすいメニューに感じた。

マヌカハニーとグラノーラのつけ麺+アサイースムージー 薬膳ラーメンドラゴン 東京都/亀戸

ラーメン 食品
マヌカハニーとグラノーラのつけ麺

東京都/亀戸にある薬膳ラーメンドラゴンにてマヌカハニーとグラノーラのつけ麺+アサイースムージー を食べてみた。 つけ麺1000円 スムージー600円 定価¥1,600を グルーポン利用で800円で食べてみた。 ラーメンでは無い料理として食べないと萎える。 麺料理だけども『ラーメンの枠とは異なる』。 スープの素が 薬膳の物だとしても、なんかラーメンと呼ぶには異なる食べ物。 『薬膳使った料理』が食べたい人には向いているのでしょうけどラーメン食べたい人には向いていない。

ブラックドラゴン 薬膳ラーメンドラゴン

ラーメン 食品
薬膳ラーメンドラゴンのブラックドラゴン

亀戸駅近くにある薬膳のラーメン店「薬膳ラーメンドラゴン」にて。 グルーポンで見かけて500円で購入。 亀戸駅の薬膳ラーメンドラゴンは以前から知っているものの建物の奥にあることから一度も利用していなかった。 あと営業時間わりと昼の部・夜の部共に短めなのも難だった。

東京都墨田区 のお勧めラーメン店

ラーメン
竹末東京プレミアムの鶏そば850円

墨田区 のお勧めラーメン店 私的な観点でピックアップ 墨田区は隅田川・両国国技館・スカイツリーなどが目立つエリア。 南側は、総武線などが東西に走っており江戸川区や秋葉原方面へのアクセスは便利。 南北には、都営地下鉄か、バスが主要な交通網になる。

麺処なんでやねん 醤油麺600円 2017年1月の価格

ラーメン 食品
麺処なんでやねん 醤油麺600円

東京都墨田区曳舟駅近くのラーメン屋、麺処なんでやねん 2017年1月現在麺類の価格は、 「醤油麺600円」 「塩麺650円」 「味噌麺650円」 だったと思う。 4年くらい前までは、もともと600円だったと思うのですが 消費税増税あたりのときに原料費高騰化か何かで750円に値上げしたことから 昨年12月辺りから値下げしたのは、ちょっと価格が安くなるのは嬉しいのですが 値上げ価格はなんだったのだろうかと疑問視してしまう。

ページの先頭へ