ニュータッチ凄麺横浜とんこつ家 という名称でパッケージには、「豚と鶏の旨みが調和する濃厚にしてまろやかなスープ」
と記載されているラーメンを食べてみた。

ニュータッチ横浜とんこつ家凄麺
ニュータッチ横浜とんこつ家凄麺
購入場所は近所のディスカウントショップで179円での購入。

スポンサード リンク


凄麺 ということで、麺は太麺です。
ニュータッチ横浜とんこつ家凄麺 の内容量の具とスープ
独自製法ノンフライ麺ということですが、見た目は、よく見かけるような黄色っぽい麺でした。乾燥の縮れ方はなんというか特徴的な気はする・・・
かやくの中にネギと乾燥させたチャーシューが入っているため、チャーシューはしょぼいです。
ちよっと量が少ない気がするので、スーパーで買ってきた、もやしを入れてたべてみたいと思います。

ニュータッチ凄麺横浜とんこつ家の調理方法

  1. かやくあけて中身をを麺と一緒にカップの中にいれる
  2. 熱湯を注いでで5分まつ。待つ間に液体スープは、ふたの上で温める
  3. 最初に麺をほぐす
  4. 粉末スープを入れてかき混ぜる。
  5. 続いて液体スープを入れてかき混ぜる

粉末スープがとんこつの味付けのようで、液体スープは醤油っぽい色と油でした。
ニュータッチ横浜とんこつ家凄麺の出来上がり図 モヤシも写っててすみません。

食べてみた感想

スープはいたってシンプルなとんこつ味。やや感じる独特な味は鶏が入ってるからなのか?
麺は比較的カップめんとしては美味しい方ではある。麺とスープは美味しいのですが具がしょぼいです。葱が粒によってはしっかりしているものの、全体的には微妙。チャーシューのしょぼさが決定的に痛いこのショボサで全体のイメージが低下する。量は麺だけだと物足りない量です。
価格と味と量から考えるとこの程度妥当なのか?とは思ってしまうものの、ちょっと残念なカップラーメンでした。
☆☆☆
スープを飲むとそこそこお腹はみたされるのですが、おにぎり等があるとよいかと思います。

横浜家系ラーメン

追記すると、これが後に人気が出る家形ラーメンというものなのか。 壱角家 スカイツリー店ラーメン並(家系ラーメン)
2015年時点では各種チェーン展開する会社が増えているらしい。

お勧め記事