東京都江東区亀戸駅近くのラーメン屋『らーめんなが田 その二 』で特製ラーメン1100円を食べてみた。
ラーメン屋『らーめんなが田 その二 』 特製ラーメン1100円
前回『らーめんなが田』で食べた『鶏だし』だか何かのラーメンはそれなりだったのですが、
その二では、普通のらーめんにするか特製ラーメンにするか迷ったもの『特製ラーメン』を選んだ。

スポンサード リンク

食べた感想

スープが温い感じがする。(部分ごとに熱いスープと温いスープの部分があるかのような温度差。油と、タレとスープが混ざっていないようにも思えたが、どうなってるのか謎) 味が、醤油ではなく塩チョイスしたほうがいいのかなと思えた程度なのは食べログなどがパッと見、塩比率が高そうなことから容易に想像できた。
麺は熱い。麺の温度よりもスープが温いと感じる程度のスープの部分がある(階層的に)。味以前にこれが萎えた。
具は豚肉は厚めですがやわらかいので、おいしい。
ただ鶏肉の塊状のものは、普通に鶏肉のもも肉という感じで、いまいち良い印象はなかった。
メンマは特徴は、さほど特徴や個性は無いメンマ。
これで1100円はまた食べたいとは思わない味。
具もスープも悪くはないけどいまいち抜きん出る強みが無い並みに感じるラーメン。
せめてスープが熱ければなぁと思う所
鳥の肉もいまいち冷えていた感
味でも、まだ通常の「なが田」のほうが良いいかなという印象。
ただどちらもスープやや温くないか?という感じが拭えない。(意図的だとしても完食するにはぬるい温度)
悪くないものの好んで食べたい味には思いませんでした
ラーメン屋『らーめんなが田 その二 』で特製ラーメン スープに七味突っ込んで飲んでいった図
半分程度食べたところで七味投入したのですが、七味突っ込んで完飲できるかと思ったのですが七味の黒い粒が硬かったので、気力が尽きた。

動画


ホルモン店の隣なのか跡テナントかは不明。
スープ全体が熱々なら他の安いメニューたべてみたいものですが、
特製ラーメン1100円はリピートしたい感じはしなかった。

他店との比較

普通に価格と鶏スープの味なら、竹末東京で醤油そば食べたほうがいいな程度の印象。
特製ラーメンがこの品質のままなら、同一価格帯なら、すずめ食堂で中華そば肉増しで食べるかな。

亀戸駅近くのラーメン屋でレビュー評価が高い店が豚骨だしの店が多いので何とか個性出しに躍起なのかもしれませんが、らーめんなが田の迷走が功を制するか否かはちょっとピンとこないのでした。
味は悪くないので、もうちょっと根本的なところ改めてほしい感じがする。
ここの店舗よりも味が落ちる店舗は亀戸駅近辺にはそれなりにあるので当分は安泰なのでしょうけど、鶏出汁のスープのラーメンで戦うにはちょっと迷走しすぎな気がした。
らーめんなが田のこの味と価格なら、近隣店の営業時間も長いごっつとかラーメン潤のようなコスパが高い店の方が中毒性は高いと思う。
私的には、ちょっと離れた竹末東京まで歩いてでも行って「鶏出汁のラーメン食べるよ」という感じになる残年感。