文字「加水率の低下水 多加水とは?」
「加水率の低下水 多加水とは?」
ラーメンの麺の種類でたまに耳にする多加水(たかすい)とは?
多加水とは加水率のことであり麺に含まれている「かん水」の比率の事だ。
加水率が異なると「麺の太さ」「茹で時間」「麺の食感」などに違いが出る。
どういったスープと合わせるとおいしいのか?
相性も異なってくる為 様々なパターンが発生する。

スポンサード リンク

低加水と多加水 (たかすい)の違い

醤油そば800円|竹末東京プレミアム
  • 低い30% :細めな麺
    博多豚骨ラーメン
  • 高い40% :
    ・喜多方ラーメン
    ・佐野ラーメン
  • 高い加水率は、G系(がつもり系)ラーメン
  • つけ麺などでも使われることが多い。
  • 太目な麺で作られることが多い。
    最も高い加水率だと47%ものも存在する。

低加水麺はパツン麺だとか ざっくりした麺と表現されることが多い。

高加水の麺は「噛み応えがある」や「麺が伸びにくい」と言われる

ふじ麺2回目の麺
ふじ麺:高加水の麺

吸水率の差

低加水だと麺の水分が少ない為スープの水分を吸収しやすい
反対に高い加水率だと麺が伸びにくいのは、麺は水分を多く含んでいることから、スープの水分を吸い込みにくい為だ。

ラーメンの麺の全粒粉とは?
多加水のカップ麺
エースコック 驚愕の麺1.5玉 濃コク魚介豚骨醤油ラーメン 112g|カップラーメン

お勧め記事
中華麺の糖質は、いくつなのか(ラーメンの麺の糖質量)
熊本ラーメン「黒亭」のラーメン