文字『売れないラーメン店の特徴』
売れないラーメン店の特徴は多々ある。

スポンサード リンク

メニュー

ラーメン屋に、
醤油

味噌
・清湯に・鶏白湯の平行販売でメニューを倍にして
タレ変えただけ。
具に一切違いなし。

つけ麺(醤油・塩・味噌)
など多岐に展開する
⇒売れる強みが無い。

タレの使い分けだけで展開する。
メニューだけ多数展開で品数だけ増やす。
ラーメン屋の売り上げは、月に どの程度儲かるのか?
メニューの数だけが多いラーメン屋は意外と多く存在している。
しかしこの状態は、
店舗がこれが強みだというメニューが無い事の裏返しである。

この手のラーメン店って見栄えだけはどこかで見たことが有るラーメンの外観に似通っている事が多い。
しかしそれは具だけ取りそろえただけで、麺やスープは明らかに弱い事が多い。

店構え

店が汚い。
窓が汚い
店舗の前の小物が汚い。
こういう外から見てキタナイイメージがあると中に入っても掃除が手抜きだったりする。
⇒椅子やカウンターもベタベタ度合いが高いことも多くなる。
ラーメン屋を宣伝するには【開業・売上増】

店舗の要素

価格が不透明:一定の時期で価格だけがコロコロ上下する。
営業時間が不明:営業時間を張り出していない・中休みなどの時間の告知も無くクローズしている。
公式サイトが無い:宣伝する気が無い
SNSアカウントが無い:情報発信が行われていない。突発の休みなどが店舗に行かないとわからない。

ラーメン店の不思議|ラーメン屋に関しての記事

流行らないラーメン屋の特徴

「ラーメン評論家」と「売れ続けるラーメンの作り方」