1000円越えのラーメンを目指す前に800円~900円のラーメンの価値を考えよう
ラーメンが何故1000円超えないのか?
これは単に食事の価格が500円~1000円以内で済ませる層が多いことが背景にある。
ラーメン1杯に1000円出すかという壁はここにある。

大量生産 大量流通のと戦い

日高屋390円
チェーン店は、セントラルキッチンだろう。
ワンコイン(500円)未満のラーメンで300円未満のラーメンが流行った時期もあったが極端なデフレはとうに終わった。
しかしセントラルキッチンを突き詰めていくとコンビニの冷凍ラーメンと戦う羽目になる
うどんチェーン店も強いだろう。ラーメンという料理にここに対しての強みは無い。
店舗で出すラーメンはうどんやそばよりも盛り付け数が多く行程が困難であり、カップラーメンにお湯を注いで出すのとは桁が違う。
牛丼屋のようにご飯に煮込んだ牛肉とタマネギの具を盛るのよりも工程は多く人件費は低く抑えにくいため、価格を抑えにくい。

ステーキの価格

ペッパーランチのステーキ単体の価格は1000円代程度から
いきなりステーキも同様の価格。
1000円という価格は牛肉のステーキが食べれる価格なのだ。オージービーフなどではあるし部位も良いものでは無いが。
豚や鶏の骨から取ったスープと炭水化物の麺がメインのラーメンが牛肉単体と張り合うには原価率がラーメンの方が安いため、客から見てメリットが無い
※手間暇はラーメンの方が掛かりますが、食べる側は、工程とか手間は換算しない。
1000円ラーメンに使うなら回転ずしの方が良いという考え方もできる。
1000円でラーメンを食べる魅力がないと需要が掘り起こせない。

牛丼チェーン店

1000円の牛丼チェーン店があるだろうか?
和牛を使えば有り得るかもしれないが現状は無い
先日松屋の280円牛飯(関東圏以外で販売中)が330円に値上げしていたことがニュース報道になっていた。※関東圏だけプレ牛とかいう380円で販売されていてそれの値上げはありませんでしたけど。
仮に1000円のラーメン一杯食べると松屋で牛丼3杯食べれると比較するとどっちが有利なのか?
私なら松屋を選択する。
1杯千円のラーメンと牛丼3杯(+味噌汁)だと差が大きすぎる。
金のない低所得者ほどこの差は大きいだろう。
現在所得格差は年収200万円代と「それ以上」が開き続けている。年収100万円代の世帯も増加している。
ラーメンに1000円支払ってまで食べたい層が希少派なのだ。
銀座とか山手線沿線の駅近くでビジネスマンの敵頃の年齢ターゲットにするならまだしも、多分1000円だと廃れた地域では到底困難だろう。

1000円で売られるラーメン

一部で観光地的な『立地』で、価格を高くして設定し1000円近いラーメンを販売する店も存在している。
これはテナントが高コストであるということと、客層が1見さん依存という前提がある。
常連客に頻繁に1000円近いラーメンを食べてもらうのはハードルが高いしそもそもコスパが悪い。

    考えられるポイント。

  • 希少価値:近隣にラーメン店がそこじゃないと食べれないなど
  • 希少な味:他で使われない食材などを使ったラーメン
  • 味:1000円払っても食べたい味

大人気の行列店であれば、1000円でも1500円だったとしても一度食べるだけであればその価格でも買いたいという人は居るだろう。
1000円で一杯のラーメン食べても味がイマイチだったり、ボリュームが足りなかったりすると二度と食べたくなくなる。

ラーメン屋の苦労

客はどんなにラーメン店が苦労して作ったラーメンだろうと1000円で売りたくても
原料とか仕込みの手間とか一切考えることはないので、

欧米との価格比較は的外れであり、ニューヨークなどはそもそも外食が高くチップ制の習慣もあるため消費者のコストが高い為、比較するにも論外だろう。食材や水の価格なども根本から異なる。

ヨーロッパも外食は高い。

海外の食事上の価格と比較するラーメン店は、国内の消費動向まともに捉えていないと考えられる。
1000円越えのラーメンを目指す前に