流行らないラーメン屋の特徴はハッキリしたものが有る。

立地がよくて、交通量が有る位置でも
昼間にまったく人が入っていない店舗を見たことがありますが、
際立つ特徴は分かりやすいものがある。

スポンサード リンク

損しているラーメン店の特徴

  • 営業時間がマチマチ
    頻繁に営業時間を変更する
    ⇒変更した営業時間で営業していないことが多い
    ⇒突発の休業が多い。
  • らーめんの味が不味い。
    ⇒これは、よっぽど不味い・価格に相応でなければ、二度とこなくなるだけ。
    立地が良いことから一見客だけで成り立つか、他に飲食店が少ないという都合がいい場合にのみ営業できている運だけの店が存在している。
  • 無駄にメニューが多い
    醤油・塩・味噌・と多数手をかけ、
    つけ麺・限定麺・と多種多様に展開する店舗。
    トッピングメニューも無作為に増やす傾向が有る
    大抵味に自身が無い店舗が迷走することが多く見受けられる。
    基本のラーメンがイマイチなのが特徴として存在する為メニュー量だけでカバーしようとするパターン。
    こういう店がランチタイム限定で半ライス無料とか初めてもご飯がそもそも不味いことが多い。
  • スープや具が劣化する
    これは普通程度の味のラーメン店に多い。
    基本として、味が変わるということはラーメン店だと頻繁にある。
    しかしながら、
    傷んだり古くなった食材を使っていたり
    特定のメニューを廃止したりする反対に、出来合い物の料理メニューを増やしたり(手抜き)
    どう考えてもスープのコストをがりがり削り始めたラーメン店は傾く一方だろう。
  • 意味不明なランチサービス
    不味いご飯メニューが無料のランチサービス
    自分たちの料理が不味いことPRしてしまっている。(自虐的)
    ⇒麺大盛にしたら、麺が伸びて不味くなる麺大盛無料も最悪だ。これも意外と多い
  • 店内が暗すぎる
    ⇒それだけで店に入りたいという気持ちが失せる。
    外から見て営業しているのかどうか分かりにくい店はつぶれる気満々だろう。
    やる気がなさそうな店に入ることすらためらう。
  • 油がベタベタな店内
    ⇒窓とかも油汚れがべったりしていると萎える。
  • ピッチャーが汚れている
    これ最悪。コップとかは綺麗でも水が入っているピッチャーが汚れていると
    それだけで台無しだ。
  • 店員の無駄話
    アルバイト店員ばかりなのか知らないが厨房でパチンコの話とかしているラーメン店が存在している。
    店主が居ることが稀で、調理担当も雇われだと推測される店舗だ。
    正直なところ、厨房が見えないからといって仕事と関係がない話を客席に聞こえるボリュームで話しているのは最悪だ。
    ラーメンの味以前に飲食に対する衛生観点や姿勢が疑問視してしまう。

素人?

ラーメン店で活気がないような店や町の中華料理店的なスタイルの店や、高齢な人がやっている店でアレなのは
古くからの町の飲食店的な位置づけで諦めれるのですが、
飲食店としてこれはダメだろうと思えるラーメン店が、割と存在しているのが頂けない。
飲食店が求人難だとか、売り上げがヤバそうな店ほど根本的にやるべきことやっていないような運営しかできていないような店舗が多すぎる。
不味ければ潰れると思いますが、かろうじくも営業つづけれているラーメン屋が有ることも不思議に思えてしまったりもする。
(うまくなく、客も少ない店舗だと、よっぽど店舗オーナーが資産家か何かで、飲食店は趣味でやっているのだろうかと思えてしまう)

淘汰される

ただでさえ飲食店は求人難であるなか、ラーメン屋はスープの仕込みや麺上げで重労働な仕事だ。
それなのにも関わらず適当な姿勢で営業しているラーメン店は存在しており、
さすがにひどすぎる事例の店舗は淘汰され閉店していくものですが、
イマイチな店舗がわりと生き残っていたりする不思議も存在する。

独立・開業を応援するフランチャイズ比較サイト【BMフランチャイズ】
ラーメン屋を宣伝するには【開業・売上増】