ラーメン屋と客層の関係|ラーメン知識

スポンサード リンク

ラーメン屋と「客層の関係」について考えてみる。
客層が違うとラーメンのメニューや店づくりも変化する。
そのエリアに適したラーメンでないと売れにくい構造は必然と存在している。
ラーメン屋を開業するには

スポンサード リンク

年代別

個人別だと一概には言えませんが、年代層でも特徴的な物が存在する。

10代から20代
大盛りやライスとのセットメニューなど沢山食べる世代
具が大盛りのラーメン

具が大盛りのラーメン

肉や脂が多いラーメンも好む。
激辛系や変わり種のラーメンに対する関心も強い世代。
10代後半から対象にすれば、アルバイトできる年齢なので財布事情はラーメン程度なら利用する可能性は高い。
20代からラーメンにずっぽりハマると、ラオタなどに傾向する可能性もある。
SNSなどの利用や友人との情報共有も盛んなため、良い噂による客が増える可能性が高い。
30代
ビジネス街などで並んでも食べる客層はこの辺り。
ラーメンと餃子・チャーハンのセット

ラーメンと餃子・チャーハンのセット


働き盛りな人は食欲も旺盛。なおかつビールなどの飲食でラーメンも食べると一層食べる人が多い層ともいえる。⇒1人当たりの顧客単価が高い。
財布事情も豊かなため高いラーメンに抵抗はない。
肉や脂よりも具材にこだわったりするラーメンを好む。
比較的一人で楽しむ人が多い。
40代以上
辛味噌ラーメン

味噌ラーメン

食品に対する健康志向が強くなり塩分や油分が気になってくる世代。
激辛メニューなども控えるようになる。
年配になるとラーメンよりも、うどんや蕎麦を好む傾向が強くなってきて必然とラーメン店を利用する人が減ってくる。
濃いめのラーメンよりも塩ラーメンなどあっさり系を好む方向性に
大盛りが売りのラーメンは利用しなくなってくる傾向もある
具材や産地、調理方法に関心がいく世代。
小食になる人が多い世代 ※必ずしもではなく大食いの人が稀にいることも有る。
ファミリー層
家族連れの場合は幼児などの子供対応が苦手な個人経営ラーメンが多い為か
チェーン店の利用が必然と増える。
※小学生未満お断りと言った店すら存在するのが個人店のラーメン屋稀にある。

味やボリュームより食品の安全性が最優先される。
アレルギー成分に対する配慮など。
郊外型の大きな店舗であれば個人経営のラーメン屋でもファミリー層は対象になるが、子供向け用のラーメンメニューを作るなど手間は増える。

女性客
飲食店の多くは女性客を対象にすることで繁盛するジャンルが多いのですが、ラーメン屋に限ってはこの限りではない。
現在ラーメン屋を利用する女性は増えているのですが、いまだ一人でラーメン店を利用する女性の割合は低く、数人での利用か男女で利用する人が殆どです。
ラーメン店が女性に合わせすぎると、男性客が寄り付きにくくなるリスクも存在する。

ラーメン屋でキレる客は何なのか

土地別にみる客層

ビジネス街
駅近くや交通網が盛んなエリアが圧倒的に多い。
20代以上から50代くらいまでがメインな人口世帯。
・働き盛りの男性、
・OL、
・買い物客
比較的食欲は旺盛だったり財布の事情は豊かな人が多い。
学生街
10代から20代がメイン
学生・教員、
それらに関連する業者
飲食店、商店街
学生ターゲットだと高めの価格設定は不向き。
安くボリュームが多いラーメン需要が高い。
住宅街
0歳~60以上の人まで様々。
地域によって特色は異なる。
※高層マンションの住宅街だと比較的若い世代が多いが、
地方の古めの住宅街や都営住宅(県営住宅)などは高齢者が多い。
築年数や最寄り駅の利用者の年代で想像できる。

ファミリー層や複数人での利用が必然と多い他、一人での利用も多く要望は幅が広い。
※郊外だと駐車場や、交通事情でも対象になる客層に違いは出てくる。

ラーメン屋の変な客|ラーメン知識


開業から3年以内に8割が潰れるラーメン屋を失敗を重ねながら10年も続けてきたプロレスラーが伝える「してはいけない」逆説ビジネス学

ラーメン屋でムカツく客

人気&有名店のラーメン・つけ麺をお取り寄せ 宅麺.com

スポンサード リンク

ラーメン 食品
nufufuをフォローする
関連記事

サイト内検索

ぬふふ.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました