客を失わない 外食産業のカウンター幅|飲食店

スポンサード リンク

カウンターがある飲食店のイメージ
外食産業のカウンターの幅について。
客を失わない作りでいないと無駄に客足が減る事を頭に入っているだろうか?

スポンサード リンク

外食産業のカウンターの幅の問題点

外食を利用していると1人だと大抵カウンターの席に通される。
この際深い度が高い理由は多々ある。
ニッパチ(2月8月)は。儲からない?

問題点

特徴として外食産業のカウンターの幅について調べると一人当たり60cmとか記載しているサイトがヒットする。
60cmだと、肩幅40cmの人だと、左右10cmしか隙間がなくなる。

カウンターの腕攻撃

カウンターの腕攻撃の図

肘を下げても当ててくる迷惑客も世の中にはいる。
食べるのに必死でがっついている為他の客など迷惑しらずに食うことに思考が全て行っているのだ。
これってどんだけ狭いか想像できないのだろうな。
居ぬき物件などで、席を配置する際に、どの程度の席数が適切なのかよく考えていない気がする。
基本マニュアルや世の中の通説を鵜呑みにして、そのまま開業している店も多いのだろうと思える。
坪数あたりにぎっちぎちで席数設置している店もあるのだろうけど自ら首を絞めるだけですから。
ラーメン屋の売り上げは、月に どの程度儲かるのか?

カウンターの構造と配置

レストランのカウンター例

高さ
105cm~110cm程度。男性ターゲットか女性向けの飲食店なのかでも微調整して考えたいところ。
高すぎても低すぎてもNG
理由は変な高さだと客に居心地の悪さを抱き 不快感を与えてしまうため。
カウンターと椅子の高さが悪いと客を疲れさせる。
⇒リピートに繋がらない
コの字型か L字型 か 円形など
従業員が出入りしやすい作りなど。回転率。
客が座りにくい作りだと窮屈に感じる。
構造
カウンターの下に荷物が置けるスペースがあるなど
フックに物をかけれるなどの工夫。
ボックスティッシュは、カウンターの上に置くのではなく下の隙間スペースに収納していたりなど様々。

足元には、足置きのステップがあるなど。※椅子が高い場合には有効。

カウンター席だと忘れ物する人が増えるという問題も存在する。
飲食店の原価について 魅力の差と客が見出す優位性とは?

混雑時間の苦痛


違法駐車とラーメン店に対する迷惑行為例
飲食店の繁忙時間帯である、ランチタイムやディナータイムの混雑時は不快指数が一気に高くなります。

スポンサード リンク

外食 食品
nufufuをフォローする
関連記事

サイト内検索

ぬふふ.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました