玉子の保存期間については諸説ある。
日本では割と外国と比較しても衛生的な管理がされていることから
生卵のまま食べても支障が無い管理レベルですが
下手をすると危険なリスクは存在する。

スポンサード リンク

賞味期限よりも産卵した日

産卵日が記載されたスーパーの玉子
産卵日が記載されたスーパーの玉子

生産者が特定できるような玉子も特定の大型スーパーでも販売されている。
怖いのは賞味期限しか書かれていない安い玉子だ。
都市伝説的な話題になりますが、スーパーの卵で特価販売されている玉子が、古い卵を集めて再販売しているというような事例までWEB記事では見かけるほどだ。
こればかりは真偽のほどはその店舗に努めない限り判明しないと思いますが、卵の梱包が店舗でも出来る可能性が有る場合は極力さけるべきだろう。

基本賞味期限

基本的に玉子を消費するのは賞味期限が鉄板。
鮮度が古い方がゆで卵の時には殻向きしやすいなどの差はあるが、
玉子かけご飯などで生卵のまま食べる分には早い方が良い。
もしも殻が破損した場合には一気に劣化が進む。
茹でたり熱を通すなど、加工したとしてもそれは同様だ。
ゆで卵(玉子)の保存期間は何日なのか
原則的にゆで卵や加工した卵の保存期間は、保存方法にもよりますが相当厳選した方法が必要となる。
保存したとしても、味の劣化は避けられない。
長期間保存したい場合には生卵のままであるという前提が必要なのが玉子なのだ。
玉子のまま茹でたり火を通しても劣化のもとになる。

加工してからは早めに

玉子のブロッコリーのサラダ
玉子の保存期間といっても 最も長持ちさせるには、殻を向かないままの状態の話だ。
原則的に買ってきた玉子は冷蔵庫で保存するのが無難な保存方法だ。
昔、知人が室内で保存していたのを見て驚いたことがあるがあれは間違いだ。
短期間で消費するならまだしも賞味期限を気にするのであれば冷蔵庫保存の方が良い。
外気で保存するよりも
冷蔵庫の方が長持ちする。

NGな事例
殻が割れたり穴が開いたりヒビが入ると即食べること。
そのまま冷蔵保存しておいても痛む可能性が大。24時間以内には痛む可能性が高い。

加工した卵を少しでも長く

もしも卵を茹ですぎたり、パックの玉子を割ってしまった場合に長く保存させるには
原則的に加工するしかない。

  • ゆで卵にする
  • 加熱する(玉子焼き)
  • 玉子焼きやゆで卵にして熱を通す
    そのまま冷蔵しても24時間が消費期限の目安
    数日持たせたいなら冷凍

  • 玉子焼きなら包んで冷凍
  • 茹で卵はそのまま冷凍するには向いていないので
    スクランブルエッグなどにして冷凍
  • ゆで卵のままの形状であれば、味付け玉子レシピの調味料に漬け込んで冷蔵しておけば数日は持つ。

    玉子の必要性

    日本に住んでいると卵の必要性は相当重要なたんぱく質だと言える。
    魚は比較的海洋国家なので困ることはないのですが、牛や豚などのように定期的に飼育で得られるたんぱく質としては鶏肉よりもさらに玉子の安定供給には優れている。
    しかし、卵も鶏インフルエンザなどの流行で大打撃を受ける可能性も否定できないため、途切れたり高騰化のリスクは存在している。
    玉子が市場から無くなったとしても代用できるノウハウも存在していない。
    料理では欠かすことが出来ない程に利用する用途が多い食材でもある。
    貧乏な時の食事とレシピ等の紹介

    豚と玉子の煮漬け

    玉子料理の例 親子丼動画