三大穀物の一つ「お米」(他にはトウモロコシが三大穀物)は日本でもよく食べれる主食だ。
米は日本人の主食です。
白米を炊いて「ご飯」として三食食べている人は少なくないだろう。
お米の栄養成分とカロリー・糖質・旬など|穀物
一般的に食べられるお米は精米した米が「白米」
精米していない米は玄米。どの程度外皮を削ったかで何分づきといった割合で加減することが出来ます。
お米の栄養成分とカロリー・糖質・旬などの紹介です。

ご飯の写真
吉野家で食べたご飯

rice-nutritional-information-and-calories

スポンサード リンク

栄養成分表示

水稲穀粒 はいが精米:100gあたり

栄養素 内容量
エネルギー(カロリー) 357kcal
たんぱく質 6.5g
脂質 2.0g
炭水化物 75.8g
食物繊維 1.3g
ナトリウム mg
カリウム mg
ビタミンB1 0.23mg
ビタミンB2 0.03mg
カルシウム 7mg

参照データ:https://fooddb.mext.go.jp/details/details.pl?ITEM_NO=1_01084_7
https://fooddb.mext.go.jp/index.pl

白米の糖質は、炭水化物75.8gに対して食物繊維1.3gですから、糖質は、74.5gです。これは非常に多いと言えます。

ビタミンB1不足にはこの方法が効果的
ビタミンB1不足になりやすい人は喫煙や飲酒が多い人に有りがちです。
ビタミンB1は米ぬかから発見されたものですが、精製度が高いコメほど米ぬかは少なくなります。
原因としては胚芽に殆どの栄養素が詰まっている為です
このことは主食を玄米や胚芽米に変えることで回避することが可能です。

米の等級や産地で栄養価には殆ど差がありません。

野菜宅配ランキング

お米の特徴

精白米は「胚芽」と「ぬか」を取り除いたもの。

お米に一番おいしいシーズンは存在していません。ただし、出荷されている時期は9月~12月に新米が出荷される季節となります。
料理方法
  • 直で炊いたご飯がスタンダート
  • 混ぜて炊く:炊き込みご飯
  • ご飯の加熱:焼き飯:チャーハンなど。そばめしなど他の具と炒めるものも
  • 米粉として料理に使う
  • 米の風味を楽しむの日本人だけで外国では米そのものの風味には関心がないことが多い。

    ポイント
    米の生産が多い県
    お米の産地は日本国内に限っては、新潟県産が最も多く66万tもの出荷量を誇り2位に北海道3位に秋田県と続きます。※上位3県はほぼこのいずれかの県が殆どです。

    世界の米生産量はもっと多い
    中国(中華人民共和国)は2億トン
    インド1億トン
    インドネシア7084万トンという数であり、

    お米の生産と土地
    広くて平らな土地が有る事。
    水が有り水はけも管理できる土地であること。

    コシヒカリ
    ひとめぼめ
    米は同じ銘柄であっても産地によって風味が異なります。
    お米の専門店で相談すればより好みのお米が見つかる手助けになるかもしれません。

    お米の危険性

    お椀のご飯
    お椀のご飯

    お米には、糖質も多い為 3食欠かさずご飯やパンを食べていると生活習慣病のリスクが高まります。

    白米は甘味が強いという事。ご飯の味で他の味を感じる味覚が鈍化する恐れがある。
    豆腐の味が分からなくなるころには味覚の幅が既に狭まっている可能性が高いです。
    玄米を含む食事と野菜などに置き換えてお米を摂取するということでも緩和できるようです。

    戦後普通に主食として食べられてきたご飯ですが、勘違いが多く当たり前に普及しているのが現代の日本の食事事情です。
    白米ばかり食べていると、でんぷんや糖分が過多な食事になってしまいがちになる為、従来は当たり前に食べていたご飯ですが、お米の食事には正しい知識が健康の為には必要です。
    ご飯の糖質

    動画


    コンビニのおにぎりは食べやすい包装なので便利ですが頻繁に食べ過ぎるのは少し疑問が残ります。

    コンビニおにぎりはハイリスク

    コンビニおにぎりの原価は5円だといわれていた。
    これは業務用米を使用していることで安い原料
    添加物を使用して美味しく思わせる造りで化学調味料がうまみ調味料として使用されることが殆どです。
    添加物不使用ではない。
    保存料・合成着色料不使用といった売り方で販売されていても添加物は使われること。
    例としてオリジン弁当などがそうである。これは100%自然の食材ということではないのだ。
    当然コンビニエンスストアで販売しているおにぎりに使う添加物は、コンビニ弁当の食品にはくまなく入っているといえる。
    添加物に関しては確たる被害が出た後に規制されるため、被害にあう可能性がある食品を口にする危険性は少なからず存在しています。
    具にpH調整剤などが使用されていることも多い為、1種類ではなく複数の添加物が入っている可能性があることも頭に入れておくべきです。

    コンビニおにぎりの気になる原材料表示
    コンビニおにぎりの気になる原材料表示

      コンビニおにぎりの気になる原料として、

    • 調味料(アミノ酸)
    • PH調整剤
    • グリシン
    • 増粘剤
    • 甘味料(ステビア)
    • 炭酸Mg
    • どれも自炊でオニギリを作ると入るはずが無い成分ばかりが入っているのがコンビニのおにぎりだといえる。これを1個100円で食べる価値があるのかということです。

    パンダパンダ

    基本的に原価厨ではないのですけど、ここまで無暗に添加物をおにぎりに混ぜるのは、長く販売しやすくしているための工夫だと言えます。
    人体にどれほど悪影響があるのか、何十年・何世代にわたるとどうなるのか未知数な混ぜ物を金を払ってまで食べるのは愚かしいことだと考えます。


    米や芋のドカ食いは生活習慣病(主に糖尿病の誘因になりえます)
    食物繊維が多い雑穀米などを食べる工夫も効果的です。

    お米関連記事

    イヌリンとHMB
    すこやか自慢

    貧乏な時の食事とレシピ等の紹介