サツマイモは焼き芋で食べるイメージが強い食材ですが
お菓子やてんぷらの具としても用いられることが有り割と多様に扱われる根菜です。
皮は食べずに削いで食べることが一般的な食べ方。
サツマイモの名前は薩摩に伝来した芋ということですが詳細は不明だ。
英語ではSweet potatoと呼ばれる。

スポンサード リンク

栄養成分表示

標準成分表:100gあたり

栄養素 内容量
エネルギー(カロリー) 131.9kcal
たんぱく質 1.2g
脂質 0.2g
炭水化物 32.0g
食物繊維 2.2g
糖質 29.7mg
ナトリウム 4mg
カリウム 470mg
カルシウム mg

参照元:https://fooddb.mext.go.jp/details/details.pl?ITEM_NO=02_02006_6
サツマイモを食べるとお通じがよくなるといわれていますが食物繊維の値としては100g当たり2.2gですのでとても多い食材だとはいえません。
他にビタミンCが多いことも特徴です。
さつまいもを食べるようになったのは日本では江戸自体からです。
栗と比較してサツマイモの味は例えられるようです。
サツマイモの旬は10月です。
栄養が少なくても生えるサツマイモ気温や天候にも左右されない為収穫しやすい根菜です。
安納芋の中身が見えている図

ジャガイモとの違い

サツマイモとジャガイモは土に出来る根菜であることから同じものだと考えがちですが
ジャガイモは茎が太って実が出来るのに対して
サツマイモは茎から生えた根に実が付きます。

Sweet potato

英語でSweet potato(スイートポテト)と呼ばれるように甘い芋であることも当然ですが様々な料理や洋菓子にも使われている。
イタリアのケーキモンブランで本来は栗のクリームをサツマイモのクリームで代用したりすることも有ります。
甘さに特化した品種の安納芋なども人気が高い芋も存在しています。
蜜芋 安納芋

アイスにも使われるサツマイモ

おいももなか アイス本体
アイス本体