サンマ(秋刀魚)の栄養成分とカロリー・糖質・旬など|魚介類

スポンサード リンク

魚介類であるサンマ(秋刀魚)の栄養成分とカロリー・糖質・旬などの紹介です。

サンマ

サンマ


スポンサード リンク

栄養成分表示

さんま(解凍)

頭と腹がカットされたさんま

標準成分表:さんま/皮つき/焼き100gあたり

栄養素内容量
エネルギー(カロリー)313kcal
たんぱく質23.3g
脂質22.8g
炭水化物0.2g
食物繊維0g
ナトリウム130g
カリウム260g
ビタミンB1Trmg
ビタミンB20.30mg
カルシウム37mg

参照データhttps://fooddb.mext.go.jp/index.pl
青魚の中には、オメガ3脂肪酸(良質な脂質)が摂れる。

焼いたサンマ

焼いたサンマ

不飽和脂肪酸のDHAとEPAを多く含む:中性脂肪を下げたり血栓を防ぐ働きがある。動脈区硬化予防・改善が期待できる。皮に多く含まれている為皮ごと食べることが推奨される
鉄も多く含まれている:貧血予防・改善 100g中 1.7mg
アミノ酸のタウリンも多い:心臓や肝臓の機能高める効果が期待
内臓のワタにはビタミンA・Dが多く含まれている。新鮮なさんまはワタごと食べたい

サンマの特徴

秋刀魚は秋の魚と書くように秋が一番脂が乗っている魚です。

9月~11月
冷凍物が通年出回っている。
料理方法
  • サンマの塩焼き
    焼くときには焼く5分から10分前に塩を振る事。早めに塩を降り過ぎると水分が抜けて栄養価も落ちてしまう 
  • 秋刀魚の塩焼きが余れば、炊き込みご飯の具としても利用可能
  • 味噌煮・味噌炒め
  • 生姜煮・生姜焼き
  • 甘露煮
  • サンマの蒲焼き
  • 南蛮漬け
  • 竜田揚げ
ポイント
  1. 保存方法
    保存するときは水気をきってラップで包み冷蔵
  2. うま味が集中するワタ
    秋刀魚のワタの苦みは内臓の前に集中するため1/3前側の内臓を取り除けば苦みは抑えられる。

サンマの三大産地は、北海道・宮城県、福島県です。

動画

秋刀魚の塩焼き動画
フライパンで焼いたもの。
クッキングシートをフライパンの上に敷いてサンマを上にして焼くと綺麗に焼ける。

ノンメタファイバー
ごはんもお肉もおいしく食べられる!【ファイバーショット】

**関連記事

スポンサード リンク

食品
nufufuをフォローする
関連記事

サイト内検索

ぬふふ.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました