汁ものとしてよく食べられる二枚貝の、しじみ(蜆)の栄養成分とカロリー・糖質などの紹介です。
種類別は貝類。

しじみの写真
しじみの写真

スポンサード リンク

しじみ(蜆)の種類

淡水生のましじみと海水が混じるヤマトシジミが一般的
黒い貝であることはどちらも同じ。
小さいが栄養価がたっぷりなのが特徴

栄養成分表示

標準成分表:100gあたり

栄養素 内容量
エネルギー(カロリー) 64kcal
たんぱく質 7.5g
脂質 1.4g
炭水化物 4.5g
食物繊維 g
ナトリウム 180mg
カリウム 83mg
ビタミンB1 0.02mg
ビタミンB2 0.44mg
カルシウム 240mg

参照データ:https://fooddb.mext.go.jp/details/details.pl?ITEM_NO=10_10297_7
https://fooddb.mext.go.jp/index.pl

栄養素のポイント
ビタミン12(100g中 68.4μg)
鉄 (100g中 8.3mgμg)
カルシウム240mgなど安定して摂取することが出来る食材です。
肝臓の機能向上に効果が期待できる他、
貧血や骨粗鬆症予防にも疲労回復の効果が有る

しじみ(蜆)の糖質は、炭水化物4.5gに対して、
食物繊維0gなので糖質は4.5gです。

オルニチンが豊富なシジミ。
たんぱく質の合成には利用されないアミノ酸の仲間
肝臓でアンモニアの代謝をする働きを行う
肝機能を高めて疲労回復に役立つ成分。
シジミに多く含まれている。
筋肉増強と免疫機能の向上に効果があるという報告もされている。
サプリメントに利用される成分。

野菜宅配ランキング

シジミの特徴

    シジミの旬は

  • ヤマトシジミが7月8月
  • マシジミが11月~2月の冬
料理方法
しじみ汁
しじみ汁はシジミがメインの食べ方

他にもシジミを出汁として使う料理など有る。
砂抜きの方法
水1Lに塩10gの塩水で4時間程度入れて砂抜きする
ポイント
選び方:大きめのサイズで色がツヤがあるものを選ぶこと、
1食の目安は15個程度

動画


しじみでスープを作ったラーメンも出てきている。

しじみのエキス
しじみのエキス

牛丼チェーン店でもシジミ

2017年12月吉野家の、しじみ汁の告知
https://www.yoshinoya.com/
牛丼チェーン店吉野家でもしじみ汁という蜆を使った汁物を販売しだした。
サラシア牛丼といい、吉野家が健康を気にしだしている感じは強い。

しじみ関連記事

学生服 セーラー服 夏服の後ろ姿