麺屋武蔵監修 辛真剣そば|ローソン

2.0

スポンサード リンク

2021年6月1日(火) 発売!麺屋武蔵監修 「辛真剣(からマジ)そば」
以前の麺屋武蔵監修 冷し真剣 マジ そばもハズレだったのですが今回もハズレだった。

辛真剣そば|ローソン

麺屋武蔵監修 辛真剣そば|ローソン

ローソンの辛真剣そばが電子レンジ加熱の商品だったので買ってみた。

ただまぜそば(油そば)であって汁有の普通のラーメンでは無かったことが盲点でした。

帰ってくるまで汁有だと思っていたので・・・・。
価格は、税込598円

価格と電子レンジ目安時間

価格と電子レンジ目安時間

説明書き

説明書き

ラベル

ラベル

煮干し粉、豚骨魚介ダレ、煮干しラー油の辛玉、卵黄風ソース、ということで味がイマイチ想像しにくい。

スポンサード リンク

動画

食べた感想

真上から見た図

真上から見た図

キャベツくらいしか具が無いんじゃないのか?という見た目。
中身

中身

玉が2個ある下に茹でられたモヤシがあった。しかしなんというか、かなり具が少ない。

麺

麺は硬めの太めな麺。最近太目な麺だと、この硬さの麺ばかりな感じはしてしまう。
例:中華蕎麦とみ田監修 三代目豚ラーメン|セブンイレブン
タレからめて食べると辛めな麺という感じになり麺その物の味はイマイチなでき。
麺について、麺量が多ければ良いというものでもないし、硬ければ『ワシワシ食べれる』という好印象には決してなるわけではないというのは理解できる。うどんとかざるそばで超硬い麺出されて食べやすいか?という水準位に麺その物の味を無視している感じ。
流行に乗っかって、なんというか迷走している味の仕上がり。※これが仮にスープ有りだったらまだ麺はこれでも良いのでしょうけど。製造ロットによる品質差なのかは不明。ハッキリ言ってこの麺をこのボリュームまで食べたくないし、こんなに入れる必要性が感じられなかった。
太目な麺

太目な麺

タレ
濃いめなタレ

濃いめなタレ

おそらく醤油ダレ。
混ぜた状態

混ぜた状態

容器の底にあるタレよりも、上に載っていた香辛料の味が強い。
粉末

粉末

具はキャベツとモヤシ。野菜類は比較的小さめで存在感は少ない。食べやすいカットですけどもうちょっと具の比率があってほしい。価格で考えるとスープ無しで598円でこの具量の少なさは高く感じる。普通にラーメンか弁当類買った方がマシに思う。
モヤシ

もやし

具

キャベツ

キャベツ

玉子の黄身(卵黄風ソース 正確には卵加工品)は、混ぜると存在感が無くなる。他のタレや辛みの方が味が圧倒的に強いのだ。普通に温泉玉子の方が良い気がする。
肉類は無いのが寂しいかな。
※公式サイトには肉そぼろが入っているらしいのですが、辛さで肉の感じが味わえない。

麺屋武蔵監修 「辛真剣(からマジ)そば」食べて、味こそは悪くないけど麺量が多く純粋な味は辛みで評価しにくいですが、具量が残念かな。
辛い物・味が濃い目が好きな人にはお勧めしますけど普通の人には難しい製品。
体調がイマイチだったのか、辛真剣そばを半分も食べきることはできなかった。
ローソンの汁なしはハズレ比率が高い気がしてきた。スープ有りのラーメンとつけ麺は普通に食べれるのに原因は不明。1つ言えるのはローソンのまぜそばは500円代の物は糖質量が100g越えと麺類の中でも異様に多い。

結構売れ残っているところ見かける

結構売れ残っているところ見かける

不人気な感じがぷんぷんしてしまう。

残念点
前回の麺屋武蔵監修 冷やし真剣そば|ローソンといい、コンビニ麺で汁なしのまぜそばだとハズレにあたる率高いな
当分しばらくは、ローソンのまぜそば類利用するのやめとこう。

原材料名と栄養成分表示

原材料名と栄養価

原材料名と栄養価

標準成分表:1包装あたり

栄養素内容量
エネルギー769kcal
たんぱく質38.3g
脂質17.3g
炭水化物118.2g
(糖質)111.7g
(食物繊維)6.5g
食塩相当量8.67g

栄養価炭水化物118.2g 糖質111.7gと まさに炭水化物の塊。ローソンの麺類では過去一番の最大値なのではと思ってしまう。
食物繊維6.5gは麺料理にしては多いかもですが、そもそもの炭水化物の量が多い
たんぱく質38.3gと1食としてはかなり多めなのは好印象。
当然エネルギーも769kcalと麺料理にしては多めな値でした。

ローソン公式サイト

麺屋武蔵監修 辛真剣そば|ローソン公式サイト

麺屋武蔵の「真剣(マジ)」シリーズ。専用の極太麺に煮干し粉とラー油が決め手のうま辛醤油だれ・肉そぼろ・特製辛味玉・キャベツで満足度◎です。

https://www.lawson.co.jp/recommend/original/detail/1430783_1996.html

麺屋武蔵監修 冷し真剣そば/辛真剣そば|ローソン研究所 https://www.lawson.co.jp/lab/ramen/art/1430277_9563.html

なんというか、ローソンのまぜそば500円以上のすべてハズレ商品しか出会った事が無い気がしてきた。
コンビニ太麺では、中華蕎麦とみ田監修 三代目豚ラーメン|セブンイレブンは完食できたし、ローソンの麺屋一燈監修冷やし濃厚魚介つけ麺 2回目・3回目・4回目|ローソンは多数食べたのですが、麺屋武蔵監修 のローソン商品だけは完食するのすら無理という仕上がり。コンビニ麺のまぜそばはちょっと進化する余地が多々有りそうな気がする。今のままだと、焼きそばよりも高いし不味いだけの糞位置しめるだけの麺料理になってしまいかねない。

人気&有名店のラーメン・つけ麺をお取り寄せ 宅麺.com

ラーメン食品
nufufuをフォローする
関連記事

サイト内検索

ぬふふ.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました