日清の最強どん兵衛 かき揚げそば|日清食品

3.0

スポンサード リンク

日清の最強どん兵衛 かき揚げそば|日清食品

少し前から気になっていた、日清最強のどん兵衛のそば買ってみた。
購入は、まいばすけっとで税別228円で購入。ウエルシアはまいばすけっとよりも10円程度高かった。コンビニの価格よりはそこそこ安い。確かコンビニは税込み価格で280円位なのでカップ麺全体と比較しても高めな商品。

側面

スポンサード リンク

動画

食べた感想

調理方法

蓋は一枚閉じなのね。カップヌードルだけが二つのタブなのは腑に落ちない。
粉末スープを注いで熱湯いれて5分。
後乗せのかき揚げ投入して食べる。

出来上がり

完成

そば
蕎麦の質感は適度。普段カップそばを食べる頻度がカップうどんより少ない為最近の商品の比較ができない。
スパイス
「やげん堀」「特製七味唐辛子」。

特製七味唐辛子

七味は、後入れ仕様はプラス印象。東京・浅草の老舗やげん堀で特別に調合した「特製七味唐辛子」とのこと。
反対にうどんは八幡屋礒五郎で特別に調合した「特製ゆず七味唐辛子」という違いがある。
マルちゃんの赤いきつねが七味を後入れしにくくて面倒だったんですよね。
かき揚げにスープが染み込んだ状態かき揚げの食べ応え感はあり。普段からこのボリュームは欲しい。
エビよりも小麦量の方が多いのはネック。
スープ
粉末スープ
普通のどん兵衛のそばと比べたらおいしいとは思いますが、超うまいというほどでもないけど、即席めんそばとしては、おいしいという所。
出汁はまぁ粉末スープだしこんなものかという程度。

うどん を主食にする通販生活

やげん堀 とは?

東京・浅草寺の門前で七味唐辛子を製造販売する商店(会社名は、合資会社中島商店)。江戸時代初期から続く老舗。


寛永二年創業約400年、やげん堀は七味唐辛子の製造販売といったこの道一筋の老舗として、浅草新仲見世本店・メトロ通り店にて昔のままの味と伝統を誇っております。

https://yagenbori.jp/

栄養成分表示

栄養成分表示

[1食 (101g) 当たり]

栄養素内容量
熱量・エネルギー494kcal
(めん・かやく)485kcal
(スープ)9kcal
たんぱく質10.0g
脂質25.7g
炭水化物55.7g
食塩相当量6.5g
(めん・かやく)2.0g
(スープ)4.5g
ビタミンB10.30mg
ビタミンB20.32mg
カルシウム154mg

栄養価は、たんぱく質10.0g、炭水化物55.7gとともにカップ麺の中でも低い値でした。

たんぱく質の1日に必要な量の紹介|中年太り解消や、筋トレの基礎知識

カップそばもカップうどんも目立った栄養価はないですね。醤油や塩・味噌などのカップラーメンと同等。食塩相当量かわずかに低いかもという程度

原材料名

原材料表示

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、そば粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、しょうゆ、大豆食物繊維)、かやく(かき揚げ)、スープ(食塩、糖類、かつおぶし調味料、魚粉(かつお、さば、あご)、粉末しょうゆ、七味唐辛子、ねぎ、たん白加水分解物、こんぶ調味料、しいたけ調味料、にぼし調味料)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、リン酸塩(Na)、炭酸Ca、乳化剤、酸味料、香料、増粘剤(グァーガム)、酸化防止剤(ビタミンE)、カロチノイド色素、甘味料(スクラロース)、ビタミンB2、チャ抽出物、ビタミンB1、ベニコウジ色素、(一部にえび・小麦・そば・卵・乳成分・ごま・さば・大豆を含む)

公式サイト

日清の最強どん兵衛 かき揚げそば – NISSIN FOODS GROUP

“すべてが主役” の、こだわり抜いた「最強どん兵衛」

弾力とのどごしが楽しめる “新太そば”、鰹節としょうゆの華やぐ香りが特長の6種の合わせだしを使用したつゆ、通常よりぶ厚い “鬼かき揚げ”、東京・浅草の老舗「やげん堀」で特別に調合した「特製七味唐辛子」。すべてが主役の「どん兵衛」です。

https://www.nissin.com/jp/products/items/10954

通販

Amazonで『最強 どん兵衛 そば』検索する。

食品
nufufuをフォローする
関連記事

サイト内検索

ぬふふ.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました