2019年2月23日の竹末東京Premiumヤシオマスの塩そば並盛880円の写真
2019年2月23日の竹末東京Premiumヤシオマスの塩そば並盛880円他

竹末東京Premiumの醤油そばが食べたい気分だったのですが「ヤシオマスの塩そば」も販売していたのでこれにした。
竹末東京Premiumの食券 券売機
竹末東京Premiumの食券 券売機

サンマとイカのまぜそばもあったのでコレも迷った。
※店主 mu10さんの腰ダメージで営業時間が短縮
今週の土日が、まさかの昼営業のみだったので行ってみた。

武藤さんとタクロー店長が描かれているシール 
突発の営業時間は、竹末東京現店主ツイートを要確認。⇒https://twitter.com/7okiMu10

動画

食べた感想

竹末東京Premiumヤシオマスの塩そば並盛880円他 2019年2月23日
竹末東京Premiumヤシオマスの塩そば並盛880円他 2019年2月23日
手もみ麺の、麺の硬さは適度
スープ
ヤシオマス感が強め。
鶏白湯度合いは殆ど弱い感じで気づけない比率だった。
青梗菜は大きめ
青梗菜の写真
青梗菜
穂先メンマの写真
穂先メンマ
穂先メンマは味付けも硬さも適度。穂先メンマは多分竹末東京のが今まで食べた物で好きかもしれない。
スプラウト(カイワレ)は、若干青臭さがあったかな。
玉葱はアクセントに丁度良い。
肉三種は、豚低温に鴨と牛ロースト。どれも比較的オイシイ。
スープにつけていたら熱が通って色が変化した豚肉
スープにつけていたら熱が通って色が変化した豚肉
鴨肉は終盤に食べても味はしっかりしていた
鴨肉は終盤に食べても味はしっかりしていた
ローストビーフは小さいのが2個だった
ローストビーフは小さいのが2個だった

骨のイガイガ
鮮魚系だとたまにある殻とか骨のイガイガ感
甲殻類の出汁だとよく遭遇するイガイガ感。
竹末東京のヤシオマスの塩そばでは、初めてイガイガに遭遇したかな。
骨の細さは鮭の切り身とかにあるものよりも細目でしたけど
若干気になる程度の量とサイズでしたけど、食べる分には問題ない程度だった。

竹末東京Premiumのビールはプレミアムモルツ600円
竹末東京Premiumのビールはプレミアムモルツ600円
完飲・完食して腹満腹。
ご飯ものも食べれるかなと思いましたが、ビールまで飲むと満足ボリュームでした。
竹末東京Premiumヤシオマスの塩そば並盛880円を完食した丼
竹末東京Premiumヤシオマスの塩そば並盛880円を完食した丼

竹末東京Premium3.7

竹末東京Premiumの壁面の鶏の絵
竹末東京Premiumの壁面の鶏の絵

麺類

ソイドル

美味しい大豆麺『ソイドル』

揖保の糸

お勧め記事宅麺:自宅でラーメン屋のラーメンを食す。


イヌリンとHMB