竹末東京プレミアムにて
日が落ちても28度台の都内。
まぜそぱが食いたいという一心で竹末東京に行ったら本日の限定麺が張り出されている。
Twitterにもブログにも一切そんなこと見つけること出来なかったのですが
券売機には、有るので迷うことなくポチッ。
カレーホタテそば 竹末東京プレミアム
どんな麺が出てくるのやらと思って麺が出るまで期待して待つことに。

スポンサード リンク

出てきた麺

竹末東京プレミアムの限定麺 カレーホタテそば 1000円
茹でた麺の後に熱いスープを注いでいた。
カレーラーメンだ。
スープの濃度はラーメン的にサラサラ。
カレー成分はしっかりしたスープ
麺は、鶏ホタテの麺くらいの太さ。
トッピング類はラーメン類と同様で
さらにカレーで煮込んだ牛肉が乗っかっている。

食べた感想

スープの味はカレーで悪くはないものの飛びぬける旨さには感じない。
麺量よりも肉と具類でお腹の容量が満たされる。(食べた感じで見た目よりは、ボリューム感有る)
肉の量には、ただ満足。
スープの辛さが従来の限定つけ麺(カレー類)だと激辛路線だったので
今回の限定麺カレーは辛さは強くないので、ちょっと拍子ぬけた(食べやすい辛さではある)。
ホタテペーストと混ぜて、悪くはないもののホタテの味は、カレーに押されている気がする。
鶏ホタテそばと比較すると、鶏スープにホタテに対して、
カレースープにホタテペーストは、ちょっと帆立の印象が弱い気がする。
世の中にはシーフードカレーが有るので、あわないことはないのですが
『カレーほたてそば』で何か印象としては強く感じる味ではない。
竹末東京プレミアムの限定麺 カレーホタテそば 1000円食べ終えた図
全体的に

  • スープがつけ麺並みに濃度がどろっとしていたり
  • 辛さがもうちょっと強ければ良かったかなとただ思う印象が残る。
  • 基本ラーメンの具の青梗菜・メンマ・カイワレ・玉葱などもそのまま使っている点でも
    カレーに具として添えるには基本のトッピングでは、印象が弱く感じるのでした。
    ボリュームには満足ですが。
  • 味は普通に美味しいカレーラーメンという印象。
    W牛すじcurryつけそば ~コーンペーストと共に~、(カレーつけ麺)竹末東京プレミアムの時の辛さやスープの粘度は欲しい気がした。
    味はそれなりに個性的な味だとは思うものの、ここに来ないと食べれないカレーラーメンという印象にはちょっと遠い気がした。
    もう一段、何か改良してほしい気が残るのでした。

    動画