東京都墨田区押上駅近くのラーメン店竹末東京プレミアムにて本日の限定麺【満ち潮】
竹末東京プレミアム限定麺 満ち潮
生?春巻きが乗っかっているラーメン1000円
限定10食という数がツイート告知だったのでなるべく早めに行って食べてみた。

動画


春巻きの外観が別の異形の何かに見えてならないw

食べた感想

スープそのものは、おいしい。煮干しなどのような塩ラーメンという感。
麺はパツパツで良いできあがり。普段の細麺より硬めに感じた。(良し悪しの好みは抜きにして)

具がメインの具の春巻きの肉が鬼門だった。
中に入っているひき肉とか油パプリカなどは単体では美味しいのですが多分単品の料理だったらそれなりに美味しいと思う。
春巻きが温度が下がっているため、スープも若干冷めてマイナスに感じて
味は悪くないのですが、冷めていることで春巻きの印象がマイナスなのと、この具がスープに混ざると辛さが増すことは理解できても塩っ気が増した。
全て春巻き崩すとスープの塩分が強くなり過ぎた。
半分ぐらいスープ飲んだところで辛さと塩っ気に飽きてきてスープは飲み干せないかなと思ったところで
「塩加減」について聞かれたので
「しおっぱい」と答えてスープ足してもらえた。
スープ追加で足してもらえて、満足度満点という仕上がり。
【満ち潮】完食した写真の図
後は完食・完飲。
他の青梗菜とか穂先メンマ、などは普通のメニューとかわりなく。
味は、おいしかったのですが、塩分の加減だけがバランス良くなかったなという感。

多分、この限定のひき肉も あんかけ風にしていたら、以前の味噌の二の舞になっていたと思う。
ビリっと辛い味噌らうめんとゆがみ丼(照り焼きチキン) 竹末東京プレミアム

Twitterより

作りたての時と、作り置きの生春巻きでは外観が異なりすぎているwww
皮が肉の水分吸って、ふにゃふにゃになっている事は、うーん。