竹末東京プレミアムの2016年最後の限定麺 つけ拉2016を食いそびれることになろうとは…。
まさか年の暮れに限定麺食べ損ねることになろうとは。
竹末東京プレミアムの暖簾
18:40到着で既に売り切れていたorz
限定15食飛ぶ勢いで売れたのか。
夜の部、開始30分程度で売り切れるとは想定外。
年末の限定麺だし、18時前に並ぶのが正解だったのか。

スポンサード リンク

Twitterより

というかつけ拉は2周年記念の時にやっていた気が…。
竹末東京プレミアム2周年 限定麺【つけ拉TOCHIGI】食べてみた
まぁ

来年から、武藤さんが首都圏統括マネージャーになり、

卓朗が店長になります!

どうなるのか期待するところ。

まぜそば 限定風バージョン

竹末東京プレミアムのまぜそば
つけ拉2016の牡蠣スープ類 の残っていたもので好意にあまえてアレンジ版いただく。
アンコウが切れていたそうなので
牡蠣のスープだけ頂いた。
竹末東京プレミアムの限定麺のスープ
牡蠣のスープ食べてみて
入れたての牡蠣のスープは美味しい。これだとラーメンでも食べてみたい感じはする。
ただし麺つけて冷めてしまうと、スープに対する食が進まない。
麺のイカとかのワタが絡んだりするとスープの味がごっちゃになってしまう感が否めない。
熱い状態の牡蠣のスープは好感という印象なだけであった。

牡蠣:竹末東京プレミアムの限定麺の具
牡蠣の身食べてみて
そういやぁ、昔わりと牡蠣とか自生しているの採れるような海の近くにいたが、
私的に、正直牡蠣っておいしいイメージがなかったのですが、改めて牡蠣食べてみると(他飲食店などでカキフライはたまに食べたことはあったがあれも元々イマイチ)
やっぱり私的に、牡蠣は好きではないんだなぁ。
とびぬけて好む食材な要素には至らない味。
味が海っぽい味しかしない。
多分内臓系・もといレバーとかも好きではないので、牡蠣の特徴からして私的趣向としして好む味ではないのかもしれない。
牡蠣より蜆とか帆立とかの貝類の方が好きだな。

以前の限定麺で
限定麺 白い混ぜそば限定麺 白い混ぜそば 竹末東京プレミアム
これも牡蠣といえば牡蠣ではありましたが、これはこれで美味しかったです。

予定と異なっていた点

限定のアンコウにありつけなかったのは残念ですが、
元々予定されていた******のつけスープのつけ麺だったらどんな味になっていたのかWktkしていたので、
今回の牡蠣とアンコウのつけ拉になって食べそびれたショックは少ないのですが、
限定ある日は早めに行くのが無難か…。

2016年は12月30日まで営業の新年は1月3日から営業とのこと。

来年以降の竹末東京による勢力拡大が気になるのでした。

通販のカップ麺

明星 竹末東京プレミアム監修 ホタテ鶏白湯ラーメン 97g×12個

楽天市場で『竹末東京』検索する。
楽天市場でも2016年12月28日時点で、2店舗の取り扱いがありました。