竹末東京プレミアムの限定麺「鶏と豚のダブルスープつけそば」1000円を食べてみた。
竹末東京プレミアムの限定麺「鶏と豚のダブルスープつけそば」のスープの丼
スープの味は良い。
しかし、コーンの味が強すぎた。
あと量多くて満腹。

スポンサード リンク

動画

食べた感想。

竹末東京プレミアムの限定麺「鶏と豚のダブルスープつけそば」の麺の丼
麺量多いw
スープは単品でも結構おいしい。
ただコーンのペーストもといポタージュ状になっているものが味が強かった。
つけ麺にして食べるとコーンが主張しすぎている。
スープの味が解らなくない物のコーンの方が強い。
コーンよりもホタテペーストとか、まぜそばの具の方があっているのではと思ってしまった。
多分カレー位に味が強くないとコーンに負けるのだと思われ。
鶏も豚も押されている。
スープがもう少し味濃いめでドロドロ系だったら、スープ単品でもおいしいつけ麺なのでしょうけど。
味は悪くない物のコーンの印象が強かった。

具のチャーシュー2種ビーフと豚。
・味玉、スプラウトや青梗菜など、は普通に食べれるが、特に
紅生姜は別皿で提供だった。
具と麺を食べ終えた図
スープは冷え切っていたために飲み切らなかった。
あとコーンで甘めに引っ張られていたためスープの食が進まなかった。

Twitter

4月6日からイベントがあるため竹末東京プレミアムは1週間程度休みらしい。

  • 前回食べた限定麺: