東京都墨田区押上駅近くのラーメン店竹末東京プレミアムは2017年4月30日で3周年記念。
開店した日は2014年4月30日。栃木の本店は確か9周年だった筈。
今回は、29日にイベントとのことで、3周年記念イベントの 竹末東京プレミアムの限定麺を食べてみた。

    内容1500円

  • ラーメン2杯
  • ライスもの
  • デザート
  • 麺類1杯5-600円と考えても結構安い価格とボリュームに思える内容の充実度。

12時過ぎに仮眠取ろうとしたら起きたら15時手前で慌てて店舗に向かったおいらでしたが限定麺には有りつけた。
全部食べ終えて、ボリュームは完飲完食はできない量だった。
本日限り通し営業のようでしたが、16時過ぎるとガラガラだったwwww
というか当方の後ろ並びゼロでした。

スポンサード リンク

ラーメン2杯

ラーメンだけでもボリュームがやばい。
麺は通常量よりも少なめではありますが
トッピングの具はラーメン1杯あたりの通常量だと考えられる見た目なので腹にとにかく貯まる

JUNKSTORYの一杯は、清湯

JUNKSTORYの鶏清湯のラーメン
肉は見た目より多い。4枚
穂先メンマの味付けは竹末東京の穂先メンマよりおいしい味付け。
麺がそーうめんというかうどんのカットにありそうな平べったい麺。
スープは油が各種オイルなので普通の動物系とは異なる風味
ちょっとした変わり種のラーメンの方向性の味。
全体としておいしい味ではある。
私的には、動物系のうまみ成分が強い方が好みなためか強烈な旨みのインパクトには届かないかなという印象もした。

竹末東京の鶏白湯

竹末東京プレミアムの鶏白湯ラーメン
鶏そばよりもあっさりに見える濃度のスープ
麺はいつもより細い感じがした。
肉はいつもの肉類。
普段の鶏そばっぽさが強く感じたため
先に食べていたJUNKSTORYの鶏清湯のスープ突っ込んでみたが割と食べれる。
ただ温度が冷えていたのがマイナスになった。味は合わせても悪くなかったがスープの温度がやや温くなった。
多分どちらも熱々だったら面白い味だったとは思う。
流石に2杯目はお腹的に量がきつかった。どちらが先手なのかでも味の印象は大きくぶれそう
後手は、鶏白湯でも味が濃いか辛みなどで強い味つけだった方が良かったのではという気もした。

ライスもの

トリュフの炊き込みご飯
トリュフの炊き込みご飯といっていた気がした。
肉は鴨肉とのこと。
トリュフの風味は解らない物の割とおいしいご飯。そのまま食べても、各々のラーメンのスープにつけても美味しい。
あっさりしている印象のご飯ものでした。

デザート

限定の1500円メニューのデザート
ビール飲んでいたため蜜柑の酸っぱさは合わなかったかな
あとゼリーっぽいのは寒天のような極端に甘すぎない固形物
デザートに関してはビール注文していたおいらの完敗だ。
デザート自体はおいしかった。
ただしラーメンとライスで結構腹満タンでデザート胃に入れるのがキツっと思う程度に食い過ぎていたw
麺量もう少し少なくても良かったかなと思えた総合量。
(基本当方は大食いではない。1人前でも250gの麺量が限界値)

行列

2017年04月29日の竹末東京の行列待ち行列昨年の2周年記念も行列でしたが今回も行列
Twitterを見ているとお昼時は恐ろしい長さだった模様。
ここの道路東から西に向かって真っすぐ伸びていることと高い建物は少ないので
行列が混むと日差しが厳しいエリアなんですよね。
当方が言った時には前6人中数人程度で列は極端に長いことはありませんでしたがそれでも着席までには40分くらいかかった。
ラーメン二杯と+ご飯+デザートの品数だと、回転は鈍くもなるか。(洗い物も大変そう・・・)
昨年は確か前半後半で周年限定物販売していたと思う。


竹末東京から見たスカイツリー
おいらが食べていた16時ちょうどあたりで後客ゼロで確か、大体40食程度残っていると言っていたので夜の部 頭くらいまでは残っている予感が残った。
※保障はできません。
本日は限定麺オンリー(1500円)で、売り切れ次第終了ですよ。別個ビールは注文できましたけど。
限定の行列に運よくスムーズに食べることが出来るタイミングは非常に難しい。
ちなみに明日の4月30日は通常営業とのことでした。
東京のラーメン店で大阪のラーメンが食べれたことでも満足度高いメニューだった。
ただらーめんスタイル ジャンクスストーリーは大阪にしか店舗展開していないのが難。
食べログなども高評価店舗なので、大阪近辺の人にはお勧めなのだろう。