竹末東京プレミアムの限定麺『海老塩そば〜大葉ソースと共に〜』を食べてみた
ジャンルとしては鶏清湯の塩ラーメンという感じ。
竹末東京プレミアムの限定麺海老塩そば〜大葉ソースと共に〜の写真
19時頃にあと3食とか言っていたのでほぼギリギリな所だった(当方到着が18時45分ごろだったたため前に10食近くはオーダーされていたものだと考えられる。)
限定は出るのが割と早い。
3周年記念以降初の限定麺だ。
味は、塩ラーメンとしては良。
ただ強烈な旨みには感じないかな。

スポンサード リンク

動画

食べた感想

価格1000円
鶏もも肉が普段の肉とは違う。(以前の限定でも度々登場してはいましたが)
玉葱とネギと普段の紫玉葱
エビペーストと大葉の液状のもの。
ブルーチーズが入っているとのことだったのでどこにあるのかわからなかったのですが油に使っているとのこと。
印象としては普段の塩そばよりは勢いよく食べれる味。
ただ塩という印象よりも大葉の紫蘇のような風味とエビペーストが強い。
序盤は普通に塩そばたべている感じなのですが後半は大葉と海老ペーストに押される感じ。

黒コショウに関しては鶏ホタテそば踏まえて黒胡椒入れているのかもしれませんが海老ペーストにそこまで強烈な匂いもないためこれはマイナスなのではという感じがしなくもない。
臭みがあるスープでもないんだよな。なぜ入れるのかは不明。

普通の塩そばよりも個性的であるし
ヤシオマスの塩とは異なる路線なので
塩ラーメン好きな人には好きな印象かもしれない種類でした。
ただガツンとした濃い味もとむ場合にはちょっと何か物足りない印象もある。
具でもボリュームでもなく、何か足りない感じもした。
あとライスが食べたくなったかな。
基本大葉の風味が食欲すすませて炭水化物欲してしまった。

※大葉とは青紫蘇の別呼称。
私的には紫蘇というと赤紫蘇を連想してしまうので、青紫蘇食べた記憶が無かったのでした。

竹末東京プレミアムの限定麺海老塩そば〜大葉ソースと共に〜を完食した写真
全体としてはまとまってはいるものの強烈な味ではない
もうちょっと、海老臭-とか感じるような風味期待したかった(w
夏に向けの味路線としてはこの方があっさりしていて食べやすいのでしょうけど
もうちょっと海老が強く感じる味であってほしかった。
竹末東京プレミアムの限定麺海老塩そば〜大葉ソースと共に〜

他店の品との比較

似たような種類として、ラーメン潤の限定の塩そばと比較すると、麺は今回の『竹末東京プレミアムの限定麺海老塩そば〜大葉ソースと共に〜』の方が良い。
海老塩ラーメン(期間限定)らーめん潤亀戸店海老塩ラーメン(期間限定)らーめん潤亀戸店
ただ海老ペーストの使い方は、ちょっと負けている感じもする。
玉葱が基本味として強い気がしたりもした。エビが強すぎないのがマイナス。
もうちょっと海老強くてもいいのではという印象が拭えない。
もしもらーめん潤の麺が太目な麺だったら甲乙つけ難い感じもした。

Twitter


現在竹末東京店長のタクローさんによる限定麺でした。
つぎは武藤さんが作るつけ麺か、まぜか冷やしに期待するとする。
前回の記事: