竹末東京プレミアム店舗外観
竹末東京Premium店舗外観

竹末東京プレミアムの暖簾
暖簾がかかっているときが営業中の印

竹末東京プレミアムで消費税値上げ後の初めて食べに行ってみた。
価格は全部のラーメンで100円~150円の値上げが行われていた。
ついに1000円前後のメニューが中心となってきた感じは強い。

2019年10月からの竹末東京プレミアムのラーメン類 新価格

竹末東京プレミアムで消費税値上げ後の新価格
竹末東京プレミアムで消費税値上げ後の新価格

券売機の写真

竹末東京プレミアムの新価格の値段1
ラーメン類の価格
スープが有るラーメン類が100円から150円程度の値上げ。
竹末東京プレミアムの新価格の値段2
つけ麺・まぜそば、限定麺などの価格にも変化が。

麺類メニュー 価格 味玉つきメニュー 味玉つき価格
醤油そば 900円 味玉醤油そば 1000円
塩そば 900円 味玉塩そば 1000円
ヤシオマスの塩そば 980円 味玉ヤシオマスの塩そば 1080円
鶏そば 950円 味玉鶏そば 1050円
鶏ほたてそば 1050円 味玉鶏ほたてそば 1050円
鶏つけそば 1000円 味玉鶏つけそば 1100円
サンマとイカのまぜぞば 1000円 味玉サンマとイカのまぜぞば 1100円
大盛り(麺大盛り)
ラーメン類
各メニュー
+150円

つけそばとまぜそばは共に100円値上げで、
麺大盛も50円値上がりしていた。
お子様ラーメンは500円のまま。

他のライスなどの小物メニューに変化は殆ど無し。
肉玉丼のみ50円値上がりの350円になっている。
瓶ビールのプレミアムモルツは、以前値上げがあったばかりなので600円の据え置きだ。

箸:竹末東京プレミアム

鶏ホタテそばの動画


ちょっと前に竹末食堂の『℃濃厚帆立ソースの鶏つけ麺』を大つけ麺博で食べたのでホタテペーストはどうしても比較してしまう。
どちらも相当に美味しいのですが。
竹末食堂 大つけ麺博2019のつけ麺 ℃濃厚帆立ソースの鶏つけ麺〜トリュフの香りと共に〜

食べた感想

鶏ホタテそば 味玉トッピング
鶏ホタテそば 味玉トッピング
鶏ホタテそば1050円 味玉は+100円

中太の麺は、毎度適度な茹で加減で、食べていても結構腹にたまる。竹末東京では細麺よりもこの中太麺が好み。
スープ
この日の鶏白湯スープは、それだけでも結構ゴクゴク飲めた。
ホタテペーストなくてもスープだけで勢いよく食べれそうな感じの出来。
味玉
牛肉と味玉の写真:竹末東京プレミアム
牛肉と味玉の写真

味玉は、貯まっていたスタンプの特典で無料でつけてもらった。
Tカードこと竹末ポイントカード|竹末東京プレミアム
味玉の熱の通り加減は適度なもので、黄身だけがドロッとした感じ。味付はよかったのですが少し塩分が強めだったかな。
追加した味玉は黄身がドロドロ:竹末東京プレミアム
追加した味玉は黄身がドロドロ
青梗菜は小ぶりだった:竹末東京プレミアム
青梗菜は小ぶりだった
メンマは個別に食べると美味しい
スープや麺と一緒に食べるとメンマの味は押されてイマイチ分かりにくい為お勧めは個別に食べるべき。
メンマは個別に1こずつ食べると美味:竹末東京プレミアム
メンマは個別に1こずつ食べると美味
他の青梗菜は小ぶり。カイワレとネギ・青ネギはアクセント程度。
カイワレ(スプラウト):竹末東京プレミアム
カイワレ(スプラウト)
煮豚は柔らかくておいしかった。:竹末東京プレミアム
煮豚は柔らかくておいしかった。
肉類は豚肉のレアチャーシューとローストビーフに、やや大きめの煮豚。煮豚が大きい割には柔らかく味もきっちりと染み込んでいておいしかった。
低温調理の豚肉:]竹末東京プレミアム
低温調理の豚肉
ホタテペースト
ホタテペーストはこの日どっさりボリュームだった。
ホタテペーストの具:竹末東京プレミアムの鶏ホタテそば
ホタテペーストの具
貝の身が程度に目視で分かる程度の物もあり食べ応えも結構ある。
終盤ホタテペーストが目立ってくる:竹末東京プレミアム
終盤ホタテペーストが目立ってくる
後半のスープの状態:竹末東京プレミアム
後半のスープの状態
終盤ホタテの甘味が強く感じてきたので卓上調味料の高菜を入れた。
卓上の高菜を入れた状態:竹末東京プレミアム
卓上の高菜を入れた状態
これで辛さもありつつの完食
完食・完飲して食べ終えた丼:竹末東京プレミアム
完食・完飲して食べ終えた丼
竹末東京プレミアムで鶏ホタテそば+味玉
竹末東京プレミアムで鶏ホタテそば+味玉

麺類

ソイドル

美味しい大豆麺『ソイドル』

揖保の糸

お勧め記事宅麺:自宅でラーメン屋のラーメンを食す。

竹末東京Premium
夜総合点★★★☆☆ 3.9

雑感

2019年10月からの竹末東京プレミアムの食券 券売機
2019年10月からの竹末東京プレミアムの食券 券売機
醤油そば塩そば900円とはいえ、他のラーメン屋と比較しても竹末東京のは具がわりと多くしっかりしているので食べ応えはつよいので、価格相当の値段だとは思う。
ただ鶏ホタテそばが1050円からというのは結構踏み切ったなと言う感じはする。せめて1000円と思っていたため。
原料の高騰化が背景とはいえ、やはり海鮮は高いのですかね。
個人的にはサンマとイカのまぜそばか、ヤシオマスの塩そばが無性に食べたい気分なのでした。
そのうち再販売することもあるでしょうけど再開時期は当分不透明でしょう。

竹末東京プレミアム イベント「怪物祭」100食限定