カップ焼きそばで、ニュータッチ東京浅草ソース焼きそば下町で見つけた露天の味

ニュータッチ東京浅草ソース焼きそば下町で見つけた露天の味というカップ焼きそば
ニュータッチ東京浅草ソース焼きそば下町で見つけた露天の味

  • スパイシーなうまさの甘辛ソース
  • 揚げ玉・のり・紅生姜入り ふりかけ付き
  • というなんともお得感満載なイメージ写真の、カップ焼きそばを食べてみた。

    スポンサード リンク

    東京浅草ソース焼きそば下町で見つけた露天の味の中身だ

    麺のそばは中華麺の黄色い色ではなく、やや蕎麦よりの色ではある。
    というかかやく等の具を取り出してみると3袋しか入っていない。
    カップ焼きそば、ニュータッチ東京浅草ソース焼きそば下町で見つけた露天の味-中身

    ニュータッチ東京浅草ソース焼きそばの中身

  • 液体スープ
  • ふりかけ
  • かやく(キャベツ)
  • 意外と内容物が少ないことに気づく。
    あれフリカケは?揚げ玉は?紅生姜はどこ?と思ったものの、どうやら同梱されているのだろう。にしてもふりかけに紅生姜や揚げ玉が同梱されているのは一体どういうものなのかあけて見るまでわからない。

    調理する

    お湯を入れて3分で湯を切ってソースなどを入れる。ソースは液体のみなのでキチンと水を切らないと絡みがわるい。
    食べる直前にお入れくださいと書いているふりかけをその後にふりかけを投入。
    これにフリカケと、のりと揚げ玉が入っている。
    のりの量は意外と多いが揚げ玉は意外と少ない。
    ふりかけ(紅生姜、のり揚げ玉)という内容なのか紅生姜はどうやらふりかけの中の乾燥紅生姜ということが・・ちょっとショック
    キャベツの量も少ないのでちょっと焼きそばの具としてのボリュームにはかける。

    調理の注意点としては

    ふりかけの、のりが麺にすぐ付着してしまうため固まりやすいので全体にまかないと一箇所に集中してしまう。フリカケだけとソースは全体に満遍なくまいて一気にかき混ぜて食べたい。

    全体的な特徴

    味は普通においしいですが乾燥紅生姜の風味が強い。
    揚げ玉も食感がちょっと中途半端なのでカップ焼きそばに必要なのかどうかが微妙なところです。
    当然えび天だとかイカ天のテンカスではなく無味の揚げ玉なのでいまいち意味がわからない。食感を出すためなら肉とかの方がいい気はするのですが・・・

    感想

    量としては、そばの量は意外と多いほうだと思います。
    東京浅草ソース焼きそばがどういうものかは食べたことがないので比較はできませんがちょっとパッケージのボリューム感にだまされ感が否めないので、
    味は食べれない味ではないものの美味しいというるレベルではない。
    変わったカップ焼きそばが食べてみたいと思った人はチャレンジしてみるのはよいかもしれない
    ☆☆

    お勧め記事