天ぷら旅行先でという事ではないけれども、天ぷらって地域によって多少の変化があるようですね。
関東だと「てんや」でことたりるんですけどね。
てんや http://www.tenya.co.jp/index.htm
並盛で500円で食べれるし。
ちょっと高いメニューだと季節でメニューが違うし。ただ関西の人が「てんや」が何かしらないのにはややおどろいたのですがどうやら関東しかチェーン展開はしていないようだった。

スポンサード リンク

天ぷらについて

天ぷらは、魚とか野菜や芋なんかに小麦粉と卵を混ぜたものを衣にして油で揚げて調理したもの(具は様々でイカとかもあるが貝は見かけない。)。
一般的には江戸料理と呼ばれているそうですが比較的日本全国で食べることは可能。

台湾や韓国にも似たような調理の食べ物があるらしい。
天ぷらって天そば(そばに天ぷらを乗せたもの)とか、
天ぷらうどん(うどんに天ぷらを乗せたもの)とかがありますが、基本的には天ぷらは天ぷらとして食す。
弁当で食べるよりはできるだけ上げた手が美味しいのはいうまでもない。

参考http://ja.wikipedia.org/wiki/天ぷら

天ぷらの動画

丸天のかき揚げ 信じられない立体感!

調理に関して


I/51JNS55WTDL._SL500_.jpg” alt=”カラー版 英語でつくる和食―寿し、天ぷら、豆腐料理…日本の代表料理からマナーまで ” align=”right” border=”0″ />

カラー版 英語でつくる和食―寿し、天ぷら、豆腐料理…日本の代表料理からマナーまで

  • メーカー: 藤田 裕子, ナヴィインターナショナル
  • 出版社: ナツメ社; カラ-版 (2004/02)
  • 発行日:2004/02
  • カラー版 英語でつくる和食―寿し、天ぷら、豆腐料理…日本の代表料理からマナーまで

    天ぷらは、衣を付けてあげるだけなのでシンプルな調理方法なのですがいかんせん近代の都心の1RアパートなどではIHヒーターだったりするので自宅で調理するのには適さない。
    換気扇の問題もあるので部屋が油くさくなることも問題だったりする。
    油は気化するので、目に見えない汚れで衣類などに付着したり壁紙などについたりするのがネックだ。調理に関しては、換気扇と熱源に気を配りたいところです・・・。

    注意すべきこと

    天ぷらにだけは注意すべき点がある。冷めた天ぷらはマズイ。天ぷら弁当や、天ぷらの作り置きを販売している惣菜屋が多々見かけるが大抵マズイ。普通に食べれるレベルの味のものが少ない位マズイものが多い。普通のフライや、から揚げならまだしも小麦粉の衣が多くて中身の容量を増しているような店舗の作り置きほどマズイ。
    自宅でレンジやオーブンで再加熱したとしても天ぷらに関しては大抵マズイ味になるので極力作り置きではなく揚げたての物を食べたい。
    マズイと感じたものを無理にもったいないからと食べようとすると気持ち悪くこともあるので注意すべきだと思う。