カツ丼は、子供から大人まで嫌いだという人はまずいないのではないだろうかという位に比較的好まれるメニューだろう。
和食という程歴史も無い料理ではあるが日本発祥の調理方法な感じがする。
自宅で揚げ物は、1Rで換気も火力も調理スベースが悪い為に到底、不可能なのでオリジン弁当のかつ丼の図にて紹介します。

カツ丼
カツ丼

カツ丼は豚のロース肉に下味をつけて、溶き卵をつけたうえでパン粉を衣として付けて油で上げたトンカツに、更に若干の沸騰した水で茹でた玉ねぎの千切りにミリンや他調味料で味付けしたものに先ほどのトンカツを乗せて更に溶き卵を混ぜて加熱した物である。これに、ご飯を、入れた丼に乗せて食べる食事メニューだ。

スポンサード リンク


同様の調理方法にトンカツの代わりに鶏肉を用いた親子丼が存在する。和食というよりも日本の一般的な家庭料理。専門のトンカツ屋以外でも定食屋やお弁当屋等でも販売されている。

かつ丼動画

オリジン弁当のかつ丼。
500円程度の価格で、弁当としては満足できる味。

作り方の動画

カツ丼のネタ

昔のドラマか何かのイメージによるものなのか、警察の取り調べでカツ丼を出されるシーンが描かれていたりするが、実際にはこのようなことは起きないというのが世の中の通説である。しかしながら2013年度春から放映されたはたらく魔王様!というライトノベル原作のアニメでも警察の取り調べを受けた後の魔奥貞夫(魔王)と芦屋四郎(アルシエル)はカツ丼を出されているシーンが描かれるなど、何故か警察の取り調べとカツ丼という物は日本人の脳内に刷り込みたいのか?と思われるくらい出回っているフィクションである。