コンビニの冷やしラーメン。
蔦監修 冷し醤油ラーメン 498円
サークルKサンクスが販売している『蔦監修 醤油ラーメン』
462円(税込み498円)
残り販売期間は3週間も無いだろうということで買ってみた。
※昨年食べた印象がイマイチ過ぎたので乗り気でもなかった。

スポンサード リンク

食べた感想

蔦監修 冷し醤油ラーメンの横パッケージの注意書き
注意書きは側面に書いている。
出来上がりの完成図蔦監修 冷し醤油ラーメン
麺重量200gと書いている通り食べごたえはある量だ。
スープは醤油っぽい味
封を切った時の香りがしたものの麺たべていて特殊な感は無い。ただこの醤油スープ旨いとは言えない味に思う。
何かスープを飲もうとすると気持ち悪くなる香りの強さ。
めんつゆなどとも異なる特殊な味と風味がつらい。
麺に茶色い点々があるもののとくに麺がこうだという印象はもてない。
細かく切られたチャーシューはこんなものかという感じ。
メンマ三きれは、悪くは無い程度の味。
味玉は、まぁコンビニの玉子という印象。
青葱長葱はわるくない。
全体的に冷やしラーメンはいまいちだ。
昨年は無かった新製品
同時に販売されていた「Japanese Soba Noodles 蔦」監修 まかない肉飯|サークルKサンクス
これも価格に対して納得できる味ではなかった。
まかないでこの程度の味の飯だしていると連想したら痛い程度の味に思えてしまう。
(コンビニ弁当なので当然劣化版なのは言うまでもないのでしょうけど。残念な肉と味)
蔦監修 冷し醤油ラーメン (2016年)の栄養成分表示・原材料表示など
普通に冷やし中華かったほうが好感度でお得に思う。
蔦に関心があるかラーメン屋マニアでないとお勧めは出来ない製品。
冷やし醤油ラーメンに関しては、
昨年は食べるのが辛かった味でしたが今年のは普通に食べきれたという程度の好感レベルで、500円の商品としては残念な味である。
2015年度版の感想⇒蔦監修 冷し醤油ラーメン(トリュフオイル入り)

店舗で食べたときの感想。Japanese Soba Noodles 蔦焼豚醤油そば(ラーメン屋)
店舗で食べる味とは、
サークルKサンクスの「冷やしラーメン」は別次元なので
何故、2年連続で販売したのが腑に落ちないのでした。
熱いスープと麺で食べたい。

動画

公式サイト情報

「Japanese Soba Noodles 蔦」監修商品。本醸造醤油に丸鶏ブイヨン・魚介エキス・トリュフフレーバーを加えたスープに、全粒粉を配合した麺を合わせました。具材にはチャーシュー・ゆで玉子・メンマ・ねぎをトッピングしています。
http://www.circleksunkus.jp/product/detail/index.html?dataId=4353

トリュフフレーバーのせいで香が変にきついのだろうか。
冷やしのスープには適さない気がした。

コンビニ弁当高い。

コンビニ弁当類は普段高いしマズイのでおいらは買わない生活していますが
税込み498円の冷やしラーメン。
これで500円なら
普通にらーめん大で500円らーめん食べたほうがマシである。

ラーメンレシピ | ラーメン屋の原価 | ラオタとは | ラーメン通販ランキング

アマゾンAmazonで『ラーメン屋』を検索する。

楽天ロゴ楽天市場で『ラーメン屋』を検索する。

世界初、ラーメン店に「一つ星」 Japanese Soba Noodles 蔦焼豚醤油そば(ラーメン屋)

話題のラーメン店真鯛らーめん 麺魚 特製真鯛らーめん1050円|東京都墨田区ラーメン屋