ゴーストレストランとは?|飲食店関連の単語

スポンサード リンク

文字『ゴーストレストランとは?』

昨今増えている「ゴーストレストラン」とはどうい物なのか?。
ゴーストレストラン(幽霊レストラン)と呼ばれる理由は実際の登録先住所に店舗はないという特徴がある。

飲食業なのに実際の販売店舗は構えないで、デリバリーのみで販売しているお店。
又は、実際の店舗とは異なる飲食物を販売している事例などが有る。
スポンサード リンク

ゴーストレストランの事例

例:居酒屋が、カレー唐揚げ専門店としてデリバリーで兼業するなど。

  • 独立開業支援サイト【フランチャイズサポート】
  • ゴーストレストランのメリットとは?

    完全に店ではなく実態が外からは、何屋なのか分からない店舗も多い。
    コロナが流行してデリバリー需要が増加したことで飲食店などが宅配サービスを拡大する中にゴーストレストランも増えてきている。

      店を持たない利点

    1. 初期費用を抑えることが可能。席や店舗スペースの費用が抑えれる。
    2. 接客サービスの手間が無い。⇒人件費を抑えれる
    3. デリバリーサービス特化にすることで会計の簡易化。(クレジット決済・キャッシュレス決済、現金支払いの管理の手間が省略される。)

    独立・開業を応援するフランチャイズ比較サイト【BMフランチャイズ】

    増えているゴーストレストランのジャンル

    唐揚げ屋は出店コストも低く抑えることもできることから独立開業の対象としても昨今特に注目されている。
    他に大々的に募集している事業だと、うな丼屋の「名代 宇奈とと」が有名です。各種飲食店で今まで取り扱った事が無いかば焼きをメニューとして導入し約する工夫が行われている。
    他にも大手から中規模のマルチに飲食フランチャイズを展開している会社が各種飲食でゴーストレストラン形式のビジネスを広げている。

    外食食品
    nufufuをフォローする
    関連記事

    サイト内検索

    ぬふふ.com

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました