焼肉のカルビとは?

スポンサード リンク

焼肉のカルビとは、バラ肉のこと。
一般的に販売されているのは牛肉・豚肉が殆どで、あばら・肋骨(ろっこつ)近辺の肉で脂身が適度に乗っている肉です。
吉野家のカルビ

  • 『肩バラ』肋骨の外側
  • 『ともばら』腹の内側
  • という違いが有ります。

特上カルビ上カルビという違いは店舗によるもので基準は有りません。
例:並<上<特上
※基準は無い
どんなものが出てくるのかは店舗によって異なるため、1つ注文してから上位の肉も試すかどうかは判断した方が良い。

スポンサード リンク

高いカルビ

みすじ 肩肉の希少部位 霜降り肉として極上肉の部類 三角バラの近くに位置するサーロインやヒレとは異なる旨味で赤身と脂を楽しめる肉質
三角バラ 肩バラにある冊状牛トロ部位が三角バラが、特上カルビとして販売されることがある

牛バラカルビ(味付)

牛バラカルビ(味付)

上カルビ

カイノミ ヒレの下 中バラにある部位 貝の形に見えることから「カイノミ」と呼ばれている カルビの中の希少部位
ササニク  カイノミ近くの外バラの一部 筋が無く柔らかいのが特徴

他肉の種類

網で焼肉
「ロース」は、肩ロース、リブロース、サーロイン、ヒレ、等
「焼き肉業者のメニュー表示の適正化」
ロースの部位以外をロースと表記するのは優良誤認にあたるとしている

焼き肉用カルビの動画

スポンサード リンク

食品
nufufuをフォローする
関連記事

サイト内検索

ぬふふ.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました