『食べ放題』アプリをリリースする野郎ラーメン。
1日1杯食べることが可能な専用アプリを月額8600円でリリースという話題。
※2017年11月1日(水)リリースなので今検索しても表示されない。
ガッツリ系ラーメン店の野郎ラーメンは、カップ麺にもなったことが有るので知っている人は多いのではないだろうか?
ただし店舗数が極端に多いというわけでもないので
近くに住んだり通勤圏でないと関心は持ちにくい気もする。
しかしG系ラーメンが好きで毎日食べれるという人には神アプリになること間違いなしだろう。
ラーメン業界で他にここまで格安になりうるサービスは他に聞いたことが無い。

スポンサード リンク

野郎ラーメン店舗

    関東15店舗展開している

  • 東京11店舗
  • 神奈川2店舗
  • 千葉埼玉1店舗
  • 2017年10月26日現在

アプリ

  • 月額定額:8600円税別
  • 利用条件:1日1杯迄
  • 利用するメニューによるが12杯程度で元が取れる

対象になるメニュー

メニュー 価格
豚骨野郎 780円
汁無し野郎 830円
味噌野郎 880円

食べ放題というのは正しくなく、1か月毎日1食利用可能という表記が正確。
公式サイトは今のところ情報は掲載されていない。
2017年11月1日リリースであることから前日までには掲載されると予想できる。
野郎ラーメンオフィシャルサイト http://www.yaroramen.com/

雑感

ぬふふぬふふ

野郎ラーメン食べたことが無いので、あまり興味惹かれないかな。
ただし1か月で15食以上は野郎ラーメン食べていた人には朗報だろう。
野郎ラーメンが近くにないのもネックだ。
ラーメン店でアプリ起用するというネタは面白そうだけども混雑時とかきちんと処理できるのですかね。
大盛りのラーメンというとらーめん二郎亀戸店らーめん大しか利用したことないので何ともいいにくいのですがこれだけだと飽きる気がする。
1か月30食ラーメンでも問題ですが1店舗のラーメンだけ固定は無理だが半分ならたぶん利用価値はありそうなので非常に気になるのでした。

    1食30日分の食費コスト

  • 600円のラーメン×30日=18000円
  • 650円のラーメン×30日=19500円
  • 700円のラーメン×30日=21000円
  • 750円のラーメン×30日=22500円
  • 800円のラーメン×30日=24000円

上記から考えると圧倒的だ野郎ラーメンの価格。
ただ8600円(税込みだと9288円)で毎日食べれると考えると相当コスパ高いサービスになるだろう。
学生ターゲットにしているのかサラリーマンターゲットなのかは不明だが、気になる話題だ。
野郎ラーメンはG系(がっつり系)のラーメンとはいえ、毎日利用されたら利益出ないのではとも思える。

飲食店における支払いの変化
  • いきなり!ステーキの肉マイレージの仕組みだったり
    事前に課金チャージするタイプが普及するのだろうか?
  • 例えば先日行われていた吉野家の牛丼300円券の販売も有る種類似するサービスにも思える。
  • 旧いタイプの、単純にクーポンとして配るような割引ではなく
    既存の利用客に対しての様々な工夫が行われてきているように感じる。

企業側のメリットだけでなく消費者側にもメリットがあるからこそ展開しているだろうけど今後の普及が気になるばかり。

がっつり系ラーメンに代表されるらーめん二郎のラーメンが大体の一日の摂取カロリーを補えるだけのエネルギーがあることは度々言われる話題で
野郎ラーメンも同等のカロリーを要すると想像できる。
結果1日1杯のラーメンだけで生活することも可能に思える。
※栄養バランスを考慮すると、健康的には好ましくありません。
サッポロ一番 野郎ラーメン 豚骨野郎ラーメンサッポロ一番 野郎ラーメン 豚骨野郎ラーメン

文字:野郎ラーメンが月額で『食べ放題』アプリをリリース

チェーン店なのか暖簾分け店なのかは分からないが
突発の休みとかもないと想像できるので大手は安心感が強い。
(※反面個人店だと行ったら閉まっていることが多い上に営業日や定休日が不透明なラーメン店多すぎて困る。本日もラーメン食べに行ったら閉まっていたためカチンときた。)
※野郎ラーメンがある最寄り駅までの交通費考えると2倍くらい料金がかかるが、それを差し引いても魅力的に思えてしまう。
このアプリの利用のためだけに近くまで引っ越す猛者が出てきてもよい気がする。