吉野家にて既に11食目の「鬼辛豚チゲ鍋膳」を並盛セットで食べてみた。

やはり何度も食べてみて思うのはご飯も食べるとボリュームは並盛でも満足するのですが、鍋単品だと大盛りでも少ないのが残念。
前回鍋単品+大盛り+肉増しまで注文してもボリュームに満足できなかったことからも、 鬼辛豚チゲ鍋膳 のボリュームの低さには残念度が残る。
鬼辛豚チゲ鍋膳 並盛のセットは旨くは無い。
辛さに中毒になる感じで早11食目という回数になる。

スポンサード リンク

動画

食べた感想

鬼辛豚チゲ鍋膳並盛のセット
晩御飯に食べるには辛さが結構強めの鬼辛豚チゲ鍋膳ですが昼間食べる方がハイリスクだったりする。

辛さは辛い
ただ舌がヒリヒリする辛さではない。
具は適度。
鬼辛豚チゲ鍋膳並盛の具の写真
豆腐の上にキャベツと青い葉野菜

鬼辛豚チゲ鍋膳並盛の豚肉
豚肉は大目

鬼辛豚チゲ鍋膳の具のニンジン
具のニンジン

葱・玉ねぎ・人参・白菜・キムチ等色々と入っている為栄養価は良さそう。
豆腐
人参・きしめんなどの具
人参・きしめんなどの具

きしめん(うどん)

味は悪くは無い。辛さメインの鍋料理という印象が全般。
抜きんでてコレがウマイと感じる味は無い。

鬼辛豚チゲ鍋膳並盛の玉ねぎ
具の玉ねぎだと思う
豚肉は美味しいんですけどね。辛さのためなのかチゲ鍋のスープと合わさっておいしいのか判別しにくい。豚肉は白菜などの野菜と食べても美味しいので優秀に感じる。

食べ終えて

鬼辛豚チゲ鍋膳並盛の完食し鍋と丼の写真
鬼辛豚チゲ鍋膳並盛セットの完食し鍋と丼の写真
口の痛みは無い。辛さは辛かったものの食べる回数が増えると、痛みへの低硬度は上がるのかなという感じ。単に慣れてしまってきている。
始めて食べる人にはツラいからさだと思う。
辛さか、旨味なのかと問われると、辛さありきの味という感じがする。
旨さで比較すると牛すき鍋膳が甘すぎるということと、生卵が苦手な場合もあると思うため、こればっかりはこの2択では味が好きという品質には届かない。

具のキムチ
キムチ
会計にて

鬼辛豚チゲ鍋膳並盛のセット定価680円
鬼辛豚チゲ鍋膳並盛のセット定価680円

定価が680円なのと、鍋膳割引券の「-50円引き」も渡して合計630円
満腹には慣れるのですが流行り単品大盛りの方が糖質取り過ぎないので好きかな。

鬼辛豚チゲ鍋膳の問題点


この人の投稿の図だと色が全く異なるし。
鬼辛豚チゲ鍋膳の問題点として挙げられるのは辛さが毎回ばらけていること。
具のボリュームが担当した人で違う事。(同じ店舗でも日・時間で大きくイメージが違う)
結果として、マニュアルなのか作業が適切に運用されていない可能性が高い。
これで鬼辛でリリースしたのは残念度の根幹になっているのだと思われる。
変な肉混入していたこともあったので店舗の衛生管理も少し気になるが、短期間に集中して鬼辛豚チゲ鍋膳を食べてみて思ったことは吉野家も割と管理が甘いよなと思うだけでした。
激辛メニュー出す前に今一度クオリティー管理徹底しろと思ってならない。
利用満足度は低い。

鬼辛豚チゲ鍋膳食べた物


吉野家冷凍牛丼の具