吉野家で6食目の「鬼辛豚チゲ鍋膳」を大盛で注文ですが、味よりも先に辛い。

6食目「鬼辛豚チゲ鍋膳」大盛
「鬼辛豚チゲ鍋膳」大盛 定価780円
飽きてはいないのですが、辛さに魅了されている感じが強い。
辛いから食べたくなる味。

スポンサード リンク

動画

食べた感想

6食目「鬼辛豚チゲ鍋膳」大盛 うどんが大目
赤いつぶが写った写真
辛さ
「鬼辛豚チゲ鍋膳」大盛
「鬼辛豚チゲ鍋膳」大盛
味は辛いが、1度目の強烈な辛さには遠い。初回に食べた時が最もヤバイ辛さだったのは忘れられない。
6食目「鬼辛豚チゲ鍋膳」大盛 うどんが大目
きしめんと豆腐の写真
具は肉とうどん(きしめん)が大目
葱適度。
「鬼辛豚チゲ鍋膳」のネギ
ざく切りのネギ
ポイント
「鬼辛豚チゲ鍋膳」大盛 完食した器
完食した器
初のご飯突っ込んで完食・完飲。
食べ終えた後、腹に来る。

「旨い」とは言えないのですが辛さの個性だけで食べ続けましたが2日に一回ペースだと飽きはあるな。
単品でつまみ的な立ち位置なら有りなのですが、メインとしては「辛さ」が主体であることから飽きが出る。

栄養

栄養価としては単品でないと炭水化物量が多くなるのが辛いところ。
オプションメニューも悩ましい

  • ネギましだとネギの状態・量が残念だったことが難点。私的にはネギましにする位なら大盛りにした方がかさましになってよい。
  • 肉増しは豚肉でも牛すき鍋と同額というのがネック。(牛すきだと肉量が少ないのだろうか?豚チゲだと肉量は多いのか?という疑問)
  • すき焼きについて|鍋料理

    鬼辛豚チゲ鍋膳食べた物

    すき焼きについて|鍋料理


    日本の三大牛丼を通信販売
    ご家庭であの味を思う存分ご賞味いただけます!