田舎暮らしのメリット・デメリットについて
私的には田舎暮らしは、ほんの数日過ごすのはまだしもそこに住み続けるのは到底嫌だと考えている。
旅行程度に行くのは良い。
住民票移してその土地に住むほどの利便性と価値はない。

スポンサード リンク

田舎暮らしのメリット

山

  1. 食べ物地域でとれる特産品などは安く鮮度も良く購入可能な事くらい。
    僻地になるほど外から入ってくる品物は利便性が下がる為、季節・地域制色々な要素で田舎といえどもメリットの度合いは異なる。
  2. 自然の多さ
    虫や動物など、田舎=生物の宝庫。
    ただしこれは夜蚊にさされたり窓の外にびっしり虫がくっついていたり、カエルの鳴き声などがやかましかったり、デメリットが多いことも少なくない。
    猪や猿などの被害もあったりするため良いことと受け止めれるか、悪いとうけとるかは人それぞれだろう
  3. 一軒家だと色々と庭に植えれる自由さはある。
    DIYが好きな人などだと田舎暮らしは憧れに感じるのだろう。

田舎暮らしのデメリット

森の写真

  1. 交通機関
    交通機関は全く駄目である
    田舎=車が無いと生活できないエリアは多い。
    高齢化・過疎化でバスだけが唯一の地元民の交通手段というエリアもあるようですが、不便なことは言うまでもない。
  2. 医療機関
    病院だけでなく医者がいない町が存在するように医療機関がそもそもない地域も存在するため単に『田舎』といっても吟味する必要がある。
    今後は更に過酷になるリスクもある。
    今医院があったとしても10年後、20年後に存在するかは不明だろう。
  3. コミュニティー
    都会は過疎化や近隣の人の顔すら知らないという事は多々あるが、地方のド田舎だと集落に住む人の数が決定的に少数であることも多く全ての人が顔見知りと言うエリアも多い。
    何かトラブルがあるとコミュニティー内でのいざこざは耐え難いものとなる。
    人間関係の面倒臭さはずば抜けているといえる。
    ※近年ではマンションなどでも同様の村社会的なコミュニティー問題が発生していたりもする。
  4. インフラ
    インターネット回線がそもそも届いていなかったり、
    携帯電話の電波が十分に届かないエリアも存在する。※携帯電話キャリアが発表している電波のカバー率は人が住むエリアが多い地域を対象にしているため、人が住んでいないエリアはそもそも対象にされていない。
    台風などの天候によっては物流が途絶えて何日も品物が入ってこないことなども度々ある。
    水道・電気などのインフラも途絶えると即復旧することが無いことも多々考えられる。
  5. 高齢化
    基本爺さんばあさんばかり。
    30代40代はもっとも少ない。
    子供がいることはあっても数は相当少ないことが多く廃校なども多々

地方都市と東京の差

極端なことで言えば東京と、地方の都市でも格差は有る。
建造物が古いビルが多かったり、景観がさびしい印象だったりすることは少なくない。

東京都は1千万人という人口なので、他とは比較できない人と税収が動いている。※アメリカだと政治はワシントンで経済はニューヨークなど分散しているが日本の場合は東京都一点集中であること。
他の地方都市が並ぶことは到底不可能な土台がある。

数十万人以上の市区町村であれば、

インターン募集する田舎ほど価値が無い

地方の高齢化・働き手がいない⇒若者もすくなくなる一方で
外から移住者を集めようとする動きが地方ではみられるが、正直そういった地方に行く若者がいるはずがないだろう。

  • 仕事は農業だけ=魅力的な産業が無い⇒賃金は低い。
  • 考え方が古い=変化が少ない⇒偏見・差別が強い。

田舎は、あっても農業か土建くらいらしか仕事が無いことが殆ど。海が近ければ海産も考えられますが

シンガポールが、税率低くして各種整備整えて海外の富裕層を取り組んで発展したレベルで日本の田舎も巨大なインパクト打ち出さない限り目立った進化は遂げることはできない気がする。
※国と日本の地方の例比較するには規模が違いますけども。
住まいの貧困で若者が年収200万円未満だと家が借りられない日本

山に囲まれた村

東京の電車通勤に埋もれたりしない生活スタイルなら東京は利便性が最も高い。
夏場は暑いがコンビニやスーパーなど冷房が利いた店舗は簡単に見つけることが出来る。
冬場は雪が積もる事は滅多にない。