カプセルホテルが日本の主要な駅近辺で看板などを見かけたことがある人も多いことではないでしょうか?このカプセルホテルは、実際に利用してみて驚くのですが、カプセルが幾つも並んでいる光景を目にすることができます。
Capsule hotel

カプセルホテルの内容

本当に言葉道理のカプセルを寝室(ベット的なサイズ)にしたものがカプセルホテルなんです。

スポンサード リンク


材質はグラスファイバー製の素材を用いているので、大人一人がすっぽりと入れるサイズですので一般的な布団程度の大きさだと思ってもらえれば分かり易いでしょうか。これか直方体のような角は丸っこい外観がカプセルの風貌の状態なのです。

基本的には男性用に提供されているカプセルホテルですが、場所によっては女性向けのカプセルホテルを提供しているところを見かけたことがあります。(昭和通りの沿い秋葉原~御徒町方面にて)

変わった構造

同様な作りで『カプセルホテル』という名称で提供していても、実際に部屋の作りは、和式の押入れが縦横が狭い、段差の奥行きが仕切りの長い部屋の作りになっている構造のカプセルホテルも見かけたことがあります。こうまでなると蜂の巣みたいで名称こそカプセルですが、別の形式名称をつけたほうが…と思ってしまった印象があります。

日本の大きな都市にはどこにでもカプセルホテルは存在しているようです。ビジネスホテルなどでフロアごとにカプセルとビジネスを分けて提供している施設も存在しています。