中国に勝つには?日本はどうすればよいのか?
携帯電話やPC機器など最近では中国製品は機能は良いのに安価な商品わりと多く販売されている。
安かろう悪かろうというイメージは既に過去の物となっている印象が強い。
反対に日本の大手メーカーはどこも元気がないどころか色々と撤退しているイメージしかない。
携帯電話などもほとんどそうだろう。
全てiPhoneに奪われたといっても過言ではない。
AndroidOSで一部メーカーは販売しているようですがπが少なすぎる。

スポンサード リンク

少子高齢化

子供の比率に対して老人が増える現象。
これは中国だけでなくどこの先進国も同じである。
発展途上国ではさほど問題ではない人口層ができているが
日本でも今最大の重しがこれである。

ブラックバイトなのでただでさえ単純労働作業は買いたたいているのに若者が仕事をより一層選別するのは必然である。
今でも老害などが増えているが、高齢者は社会貢献度が少ない割には変に威張り散らしていたりするので癌でしかない。
村本大輔(ウーマンラッシュアワー)が「沖縄はもともと中国から取った」発言

人口比率

  • 日本は1億ちょっとの人口
  • 中国は10億人を超す人口
  • 単純に10倍以上の差が有る

  • アメリカでも3億人程度ある上に
  • 中国もアメリカも国土が日本の優に何倍もの面積がある。
    根本的に人的・物資的に差が大きいので張り合うことがそもそもハードルが高いのだ。

サイバー攻撃手法が多様化、中国も虎視眈々と日本の国土分断を狙う

人件費と給与

中国の人件費と日本人の人件費では
中国の技術者の方が高いことも多い。
日本人は安い金で旧来型の給与システムで取り残されている為欧米にも太刀打ちできない。
日本の1人あたりの生産性は韓国に抜かれた?

ただここでも注意すべきことは中国は共産主義国家ということ。
海外に行ったりすることができる中国人は中国の中でも富裕層な上位な人たちである事。
実際には海外旅行などできない水準の中国人が中国国内に五萬といる事だ。

  • 格安の賃金
  • 住居も保有することが出来ない国
  • 言論の自由すらなく絶え間なく監視される社会制度
  • 粛清されるリスクも常に存在している
  • 中国には自由が無いので国家が舵を担っていることが大きい。

    尖ったら叩かれる日本

    日本では目立つ人はとにかく叩かれる。
    悪い行為で注目されることが批判されることは必然だが
    言動だけでなく身体的特徴などでも変な思い込みで発言したりするのも多々あることだといえるだろう。
    稼いでいても嫉まれる(税金をより多く収めているだけなのに、妬みでバッシングする作用の方が強い。)
    海外と比較で日本のいじめは「仲間外れ」「無視」が目立つ

    変革すべき要素
    • 文化⇒学校
    • 社会⇒会社

    学校は大学への進学率だけが異様に上がり高校無償化なども活発だが根本的に一部の貧困学生の問題が適当に放置されていたり、家庭内暴力など、見つけにくい小さい問題も未だ根強く残っているのが日本の問題。
    家庭内が駄目だと学校に通ってもガタがでることから周りに害が及ぶことも懸念できる。

    社会は会社組織の集まりから構成されているといえる。
    会社が狂っていると社員もおかしくなり、結果的に誰も得をしないことになる。
    経営者だけが潤うような人材派遣ビジネスがガンガン拡張されてきた1990年代から現在を見ていてれば分かりやすい。
    社員をコマのように扱う会社が増えたことで現在の社畜文化が定着化したといえる。
    企業がまともでもないのに、まともな提案をしようとも無理が有る。

    雑感

    ぬふふぬふふ


    中国に勝る要素があるとして、産業などは模倣されるものだと簡単に奪い取られる。
    よほど突出した技術でないと難しい。
    人材に関しては少子化が加速化している日本では中国に勝る要素を作り出すことは困難であるし優秀な人材がつくれたとしても人数でどうしても押されるだろう。


    パンダパンダ

    救いがあるとしたら中国が共産主義国家ということですかね。
    資本主義の国ではない。
    中国政府が色々と舵切るのを間違うと、簡単に内部が傾くことが多い為経済不安の爆弾はいつも抱えている国だという事位かな。


    文字『中国に勝つには?日本はどうすればよいのか?』
    文字『中国に勝つには?日本はどうすればよいのか?』