長崎県に在る端島通称軍艦島(グンカンジマ)は無人島だ。
過去には高層アパートなどが立てられた歴史があるものの島民がどんどん離れていったとのこと。
島に渡る交通手段は船しかない。

朽ちる「軍艦島」どう残す 迫る倒壊…保存法探る

朝日新聞デジタル 2月22日(日)0時31分配信

 長崎市の沖合に浮かぶ軍艦島(正式名・端島)。炭鉱の閉山後、約40年間無人となっている「廃虚の島」だが、近年、独特の外観が映画のロケ地や観光スポットとして人気を集め、この夏はユネスコ世界文化遺産登録に期待がかかる。一方で島のシルエットを形作る建物群は刻々と崩壊しつつあり、保存への模索が続く。市の許可を得て、普段は立ち入り禁止の区域に入った。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150222-00000002-asahi-soci

無人島だと、観光スポットでもメンテナンスは困難に思う。
台風が来ると島だと色々と不便だし電気ガス水道の問題も結構致命的な問題になると考えられる。

ストリートビュー

軍艦島の様子は、ストリートビューで見れる

本の通販

Amazonで『軍艦島』検索すると結構書籍が販売されている。


I/316ray9JA9L._SL500_.jpg” alt=”軍艦島 全景” align=”right” border=”0″ />

軍艦島 全景

1974 年の閉山後、廃墟と化した海上炭鉱都市・軍艦島。鉄筋コンクリート建築の耐用年数を遥かに越えて残存する巨大なアパート群をはじめ、謎に包まれた鉱業所エリア、崩落の危機に瀕する地下施設など、圧倒的な存在感を放つ建築群で埋め尽くされた島内は、まさに「廃墟の聖地」です。その衝撃的な姿を、現在の画像を中心に過去の写真も織り交ぜて徹底紹介! 軍艦島の全貌がここに明らかになります。

  • メーカー: オープロジェクト
  • 出版社: 三才ブックス
  • 発行日:2008-12-10


  • 軍艦島 全景


    I/51uJrRaHfwL._SL500_.jpg” alt=”軍艦島入門” align=”right” border=”0″ />

    軍艦島入門

    誕生の秘密から「軍艦」化した理由、絶頂期を経て
    廃墟となった現在まで、軍艦島の全貌が一気にわかる待望の書!

  • メーカー: 黒沢 永紀,オープロジェクト
  • 出版社: 実業之日本社
  • 発行日:2013-08-01


  • 軍艦島入門