沖縄県の久米島の沖で爆発音がして、きのこ雲を確認した情報が役場に複数寄せられているとのこと。
しかし、特別なことを行っているという認識は日本側にはないとのことで不気味さを感じる。

スポンサード リンク

RBC THE NEWS「久米島沖で爆発音 きのこ雲を確認」

2014/5/21

沖縄防衛局「アメリカ軍からは特別な訓練はやっているとの情報提供は無い。」

  • 2014/05/21 基地問題 久米島沖で爆発音 きのこ雲を確認
    記事
  • 地理


    沖縄本島から結構近いぞ。
    更に西にずっと行くと尖閣諸島が有るので、このあたりの海域は中国との小競り合いの場だということも引っかかる。

    久米島の近くに有る物


    基地(?)もとい射撃場があるらしい。こういうことが起きても何もニュース(1箇所のみ)や、国の発表が無いことが怪しく思えてしまう。万一何か起きても逃げることすら出来ないのだろうな。
    普段聞いたことが無い爆発音や地響きという記事も存在しているが、普段から射撃場の音がしたりする地域だったのか?という印象も今回始めて知ることになった。

  • 久米島町ホームページ
    http://www.town.kumejima.okinawa.jp/
  • 公式サイトでは特段発表は無い。

    接続水域で潜水艦潜行 沖縄・久米島南方、国籍不明

    1昨年の 2013/05/13の記事

     防衛省は13日、沖縄県・久米島南方の日本の接続水域内(領海の外側約22キロ)を12日深夜から13日朝にかけ、他国の潜水艦が潜行して通過したと発表した。
    海上自衛隊のP3C対潜哨戒機が確認した。
    同省は潜水艦について「国籍不明」としており、航行目的を詳しく分析している。

     過去には平成16年11月に中国の潜水艦が同県の石垣島周辺の領海内を潜行し、政府は海上警備行動を発令。20年9月にも、高知県・足摺岬沖の豊後水道周辺の領海内で、国籍不明の潜水艦が領海内を航行したのが確認されている。

    尖閣諸島問題が多々取り上げられるが、沖縄本島のすぐ傍まで来ているという恐怖が存在する。

    中国の南シナ海掘削強行でベトナムが猛反発 尖閣や久米島沖でも展開の可能性

    2014.05.07 

    中国とベトナムが緊張している。両国が領有権を争う南シナ海で、中国が掘削活動を開始したことに、ベトナムが猛反発しているのだ。中国は軍艦船を含む多くの船舶を展開しているという。中国は先月、沖縄県・久米島周辺の日本の排他的経済水域(EEZ)でも勝手に調査をしていたが、傲慢な態度は改まらないのか。
    http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140507/frn1405071209007-n1.htm

    海の中の資源(石油・ガス掘削)目的と記載されているが、沖縄を占拠すれば、太平洋も漁ることになるだろう。正直中国や台湾の問題が解決しないと、沖縄に安心が来ることは無いと思うのだが。
    ここにきてキノコ雲というのは、甚だ不気味でしょうがない。

  • 中国、久米島沖で海底資源の強奪を画策 中止要請を無視して海底調査 (1/2ページ)
    2014.04.26 http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140426/frn1404261100002-n1.htm
  • この記事でも中国が日中中間線よりも沖縄より(久米島付近)で海底調査を行っていたことが報じられている。もし今回の出来事をはっきりさせなければ福島原発事故後の対応でも色々と問題を隠してきたわけなので今回も日本政府に対して不信感も強くなりそうだが果たしてどうなるやら。。

    Amazonで「久米島」検索


    I/51irQNVu8xL._SL400_.jpg” alt=”久米島生活 ” border=”0″ />

    久米島生活


    I/41cEQS-LdBL._SL500_.jpg” alt=”沖縄久米島から日本国家を読み解く ” border=”0″ />

    沖縄久米島から日本国家を読み解く


    沖縄は温暖な気候で冬場でも10度を下回ることが無い気温なので魅力的な地域ではありますが過去からずっと南西諸島から沖縄にかけて中国の違法漁船等の脅威が存在していたりと安心することが出来ないエリアにも感じる。一時期沖縄に中国人観光客を招待拡大していた動きもあったりしたので、本当大丈夫なのかと思ってしまう。

    翌日5/22日夕方にTBSも取り上げた

  • 沖縄・久米島で「きのこ雲」と爆発音、米軍訓練か(22日17:10)
  •  海の上にぽっこり浮かんだ雲。その形はきのこ雲のようにも見えます。この写真が撮影されたのは、沖縄県の久米島です。撮影した男性(19)は、21日午前10時半ごろ、大きな爆発音を聞いたと言います。

    しかし詳細なことは何も記載されていない。
    ただ注目したい事としては 

    一体、何があったのか・・・軍事評論家は・・・

     「きのこ雲は核爆発だけと思いがち。大規模爆発の場合は核兵器を使ったのと同じような雲ができることがある」(軍事評論家 小川和久さん)

    ということなので原爆ではないにしても大型の平気という可能性はある。普通の爆発ではないとは思うが。不安は残る。