墨田区スカイツリー駅に近いラーメン屋(麺屋社中)
2014年1月1日。こんな日に営業している家電店とかコンピニやスーパーとかマクドナルドは大変だなぁと思いつつも営業していたラーメン屋さんがあったので食べてみた。
最寄り駅が押上駅か、とうきょうスカイツリー駅の南側に有る”麺屋社中”と言うらしいラーメン屋の『鶏にぼしラーメン具だくさん』980円の感想。

スポンサード リンク

麺屋社中で最初に食べたラーメン

鶏にぼしラーメン具だくさん
鶏にぼしラーメン具だくさん
 980円

たぶん名称はこれ(うろ覚え)

感想

店員が咳きこんでいた。(この時点で引いた。もし風邪でも引いているのなら、無理せず休まないとか、どう考えても店舗の首をしめています。むしろわざとなのかと。)店員が咳き込むくらいの体調で営業している時点でどうなのよと。
麺は細目。
スープの味は普通(個性はあるんだろうけど鶏系ラーメン殆ど食べた記憶はないので何ともいえない)、ラーメン自体が食べ続けているとスープが非常にヌルくなる。

具が冷たいので大無し

鳥肉が冷たい。(極端に美味しいという味でもない。)
券を買ったものと、出された時に言われたメニューの名称が違ったのでそれでいいのかと微妙にゲンナリ。
とり煮干し全部乗せと言う割りには、鶏肉のスライスが数切れ(結構多いがこれが冷たすぎ)と、肉団子(つくねが二個)だけと、ネギが二種類(長ネギ・青葱)、メンマがどっさり。検索して分かったが単純に通常メニューの具が多いだけバージョン。
量は多いが、具が冷たい。これが非常に最悪に感じる。(隣駅のすずめ食堂は炙ってから出すので差が大きすぎる。)他に、麺どころなんでやねんはチャーシュー麺は同等にヌルくなる+脂身多いので鬼門だったりする。

スープぬるすぎ

味玉もずっとスープにおいてて麺を食べ終えたころ食べたが冷たい。
冷たい(もとい温いラーメン)出す店主って頭どうなっているのかと思うレベル。
一度も自分が出しているメニュー食べた事ないんじゃないのかと思う。
ラーメンの具なのに、これだけ冷たいってどんだけだよと。
付けあわせで出すのとは違うし最初から乗せているのにこのヌルさは職人としてどうなのよ思う。
スープが熱ければまだ許せるが、元のスープもそんなに熱くはなかった所か食べ終わる頃には温いことになっていたので色々とまずく感じてしまう。

味が不明瞭

通常の量のものならスープの味は普通の、だし系の味なのでそれにれり普通な味のラーメンなのかも知れないが具だくさんを頼むと、冷たすぎて、気持悪くなる。普通の量だったら大丈夫なのかどうかは不明だが、具だくさんじゃない方がいい気が・・・。(具は皿だけ別とかのが、まだマシだ)
具が冷たいラーメン屋自体は珍しくはないが、ラーメンのスープが不味い程度に冷ますほどの具の冷たさってどうなのよとただ思うのでした。
通常の量以外は無理。(どんな感じかは分からないですが)
夜だったせいか店内の照明も暗めのせいか、券売機のメニューがそもそも見えにくい。好んで利用したいとは思わない程度の味でした。

具が大目が駄目なのか?

反省点としては今後始めてのラーメン屋でいきなり具が多そうなメニューを注文すべきではないという感じは残る。
追記:その後食べた新参のラーメン屋でも具沢山のラーメンでもスープが温くなる事はなかったので、ここのラーメン屋の基本スタンスを疑います。
その後何度か営業中に店舗前通ることはありましたが、まずいと思う記憶からか、再度入りなおしたい店舗の構えにもなっていないため足が遠のくのでした。
この店舗利用するくらいなら竹末東京か、ラーメン大・もしくは壱角家で済ます程度の味の記憶。
竹末東京などはチャーシュー別トッピングでラーメンに突っ込んでもスープの温度は気にならなかったので、季節なのか、たまたまなのかは知りませんが 麺屋社中はちょっとふざけすぎている感じがする。どこかのとんこつラーメン並に。 日本一のラーメン屋は字のごとく日本一まずそうなのでいうことはありませんが。

2回目の麺屋社中

2度といくことはないかなと思っていたら、今度は別の駅で目的の営業時間に間に合わずたべそびれて、さらに、スカイツリー駅近辺でも目的の店2店舗が営業時間外だったため、なんとなくリピートしてみた。

量が多い。
ミニローストビーフ丼これでミニかよと思う大きさ。

鶏にぼしラーメン

鶏にぼしラーメンのセット 950円。
これが取り煮干としたら前回食べたのは「あっさり」なのかと?思ってしまうのですが、期間が開きすぎたためはっきりした記憶がない。今回のは煮干が強く感じた。とりっぽさのスープ感は無い。
スープの温度もやはり、イマイチ加熱しきれていない程度にラーメンとしてはヌルかった感じもした。
セットはボリュームがヤバイ量。ミニローストビーフ丼らしいのですが並サイズじゃないのか?と思える外観。
ラーメンはにぼしにしたが、まぁスープがにぼししか感じない。麺は細い中華麺。
旨みがイマイチピンとこない。まぁにぼし然としたカンジ。鶏の味殺しすぎているのではと思う程度にニボシの存在感(魚粉か?)が強い。
具が鶏肉が多い。つくねがなんかイマイチ独自の味のせいか食感からなのかイマイチ。
ミニと書いていたが肉の量もライスも牛丼並くらいのボリュームあるんじゃなかろうかと思ってしまった。
ボリュームも多いし、生卵の黄身が苦手なので食いきらなかった。

ミニローストビーフ丼

セットで頼むには、ボリュームが多いので大食漢と自信がある人にはうってつけなセットメニューだとは思う。
ただし生卵、玉ねぎスライスのようなもの、その他野菜や海苔、組み合わせや個々の品に嫌いなものが多いという点とラーメンとセットで食べるにはつらかったので、
ビーフはまぁまぁそれなりに食べれると言う程度の感想しかもてなかった。
ビーフ自体に香辛料つきすぎていて肉の味そのものを楽しむことはできないのが難点。
前回気持ち悪くなったと思うのはたぶんツクネのせいだろうなと今回認識。
これ食べるくらいなら、すずめ食堂で豚飯食べたほうが味のまとまりとして旨いし、鶏ぞうすいでも満足できるので、麺屋社中に行くほどのメリットはボリュームしか強みが無い。

セットで食べた感想

全体的ならーめんの感想としては、旨さがわからない。麺がいまいち。具は多いけど、どれも旨いというものではない。
マズくはないけど平均なようなラーメンでした。
ここのセットは量が多いので腹の状態が強い人でないと無理。

雑感
  • ボリュームはセットメニューは量が多い。
  • ラーメン自体は並。(旨くもマズクもない)
  • リピートしたい味でもない。

店員同士で、なんか仕事と関係がないトークを繰り広げていたりと、食べていてなんかこりゃぁ駄目だろうなと思った。
味も仕事も2流に思えてしまった。
立地が近辺飲食店が増えてきているので、人のめぐりがよくなっているのかは知りませんが、多分たべろぐの評価がうさんくさく思える程度に抜きん出ている要素はないのでした。
ビーフという点で比較しても竹末東京のが旨いので・・・・。

近隣店舗との比較

ライスとセットなら、麺屋社中のセットはお得なのかも知れない。ただ反対の道にチャーハンとセットの新規ラーメン店があるのでそっちのほうが気になる。(これは今回営業時間外だった)
ラーメンだけで考えると、マズクはナイけど、これなら壱角家のが旨い気がするしらーめん大のがマシ。
竹末東京には到底およばない店舗だろうここ。

世界初、ラーメン店に「一つ星」 Japanese Soba Noodles 蔦焼豚醤油そば(ラーメン屋)

話題のラーメン店真鯛らーめん 麺魚 特製真鯛らーめん1050円|東京都墨田区ラーメン屋