外国の人が日本に来る際にどんな情報元で着ているのかというのがやや気になって調べてみたのですがこんな本がありました。

I/5129688AQNL._SL500_.jpg” alt=”英文版 日本旅行ガイド – Gateway to Japan: 3rd Edition ” align=”right” border=”0″ />

英文版 日本旅行ガイド – Gateway to Japan: 3rd Edition

  • メーカー: ジュン・キノシタ, ニコラス・パレフスキー
  • 出版社: 講談社インターナショナル; 最新改訂版 (1998/02)
  • 発行日:1998/02
  • スポンサード リンク

    日本の寺
    日本の寺

    エキサイト先生によって翻訳してみてもらったところこういう内容だった

    友達が日本にどこに入るべきか知りたい場合、私は「あなたは何に興味を持っていますか。」と常に尋ねます。
    1人の友達は東京の歌舞伎劇場で毎日を過ごしました。
    東北の調理用の伝統を味わうために北へ思い切ってされた別のもの。
    私たちは、世界の最も未来のメガロポリスのエネルギーに大喜びして、東京が大好きな人々を知っています。
    他のもの、嫌悪する、それ、また静かな京都(伝統文化の洗練の典型である旧帝国の都市)へ逃れます。
    まだ、他のものは、日本の経験のこれらの反対する柱によって表わされる極端の都市および驚異の両方を訪れます。
    文化的・地理的な提供物の多様性は脅迫することができます。
    この本、歴史および文化の2つのセクションおよび地域のそばの日本は、それらをより扱いやすくすることを目指しています。
    歴史と文化は特定のトピックに注目し、どこに行くべきであるか勧めます。
    地域のそばの日本は、旅行をするために必要とする実際的な情報を与えます。

    歴史と文化

    「小史」は主な歴史上の期間を導入し、日本の歴史および文化で最も重要な図のリストを含んでいます;
    それらの名前が本の全体にわたる大文字に現われます。
    続く章は、両方ともに様々な主題上の概観および実際的な参照を供給します。
    例えば、「料理法」は、レストランの食物を注文することができる2か国語の「メニュー」を含んでいます。
    ほとんどの章は推薦のリストで締めくくります。
    主なテキストおよびリストの両方中で言及されるどんな場所も、大文字で現れます。

    地域のそばの日本

    10の地方支部が北から南(pの上の地図を参照。vi)へ地理的な順に現われます。
    日本の4つの主な島、本州および最も小さいの中で最大、四国、ともに7章を構築します。
    3つの残りの章は、北海道、九州および沖縄の群島へ専念します。
    章はそれぞれ簡潔なイントロダクションから始まり、最良のアトラクション、特別利益団体および季節の出来事をリストします。

    通過図形

    個々の地方章の初めの通過図形は、わき道に入る他の列車およびバスラインと一緒に、地域を横断する主な幹線(通常弾丸列車)を示します。
    幹線上の主な結合はロマン数字を割り当てられ、側面のルートを調査する人里離れた場所として扱われます;
    側面のルートに沿ったステーションはアラビアアカシアの数字を割り当てられます。
    テキストは側面のルートを後に続けて、番号順に個々の主な結合について記述します;
    それらの方向は、北、東のための「E」などのために文字「N」によって表示されます。
    例えば、東北でDewa Sanzan(通過キー番号IV: W3)を訪れたいと仮定してください。
    そこに着く方法を見るためには、東北通過図形(p.152)に目を向けてください;
    4番目の都市(仙台)への幹線を下って行き、次に、西へ行く、3つの刻み目。
    テキストは同じ構成に続き、効力、一連のミニ旅程にあります。

    食事、下宿屋およびローカル地図

    食事と宿泊施設は各町あるいは現場の終わりにリストされます。
    電話加入区域コードは、下宿屋標題のそばで通常リストされます。
    店、レストランおよびホテルが数キー・システムによるローカルの地図に現われるでしょう。
    (シンボルの鍵については、本体前面カバーの内部で参照。)
    格付けは、質、サービスおよび大気に基づいた1?3つの星の規模で与えられます。
    クレジットカード情報は、情報がそのために利用可能だったすべての設立に供給されます。

    英文版 日本旅行ガイド – Gateway to Japan: 3rd Edition
    私は英語はさっぱりなので興味かある人は参照もとのアマゾンのサイトで英文を確認してほしい。Amazonの日本サイトなのですが普通に検索したら何故か洋書がHITしたので・・・。

  • 安くてお得な高速のバスネット予約