日本は世界でも稀に見る治安が良い国だ。この事は、GDPが中国に抜かれたとされる2013年度時点でも揺らがない事実だ。
所得格差は日本国内でも広がっているしやむなくホームレス生活している人も都市部では見られるが、治安だけは良いほうだ。
中には局所的にスラムとまではいわなくとも危険と噂される地域はあるものの、報道されたり社会的に問題視されるようなエリアが出てくる事は耳にしない。

日本と海外の違い

基本的な生活で引ったくりや強盗等と遭遇する機会は交通事故と比較したら事故の方が多いくらいでは無いのだろうか?
このためなのか法律も文化も異なる海外に旅行した日本人のトラブルというものは後を絶たない。
日本は世界の中でも最も治安が良い国だ。
他の国の治安が日本国内よりも悪いエリアだという事が欠如していたら葱鴨でしかない。格好のターゲットになるだけである。

日本人は危機感が足りない

数年に一度の程度ではあるが、海外に留学した先で陰惨な事件に巻き込まれる日本人旅行者は後を絶たない。
他にも日本人ということで事件に利用される事例も多々見つけることが出来る。

行く先の治安がどういうことなのかは、時期によっても変わる。内政や外交で治安が良し悪しが左右される地域もあるだろう。
夜間の外出などは大抵どこの国でも極端に控えるべきな事例だ。
渡航の際に流行している病気などがあれは対策も変わる。

メディアの情報に騙されない事

テレビや雑誌に騙されるな
韓流ブームの一方で韓国で犯罪行為の被害者になると様々なデメリットが存在する。

事件件数の認知率

報道される事件が全てではない。
現に海外に留学などに行き事件に会う日本人被害者は何年かに数回報道されるに至る。
中には報道されない事件も数多く存在しているだろう。
命を奪われる事件だけでなく、その前に凄惨な殺され方をした事件や行方すらわからない事件も存在する。
海外旅行がどれだけのリスクがあるのかという事と事前にどういう知識が必要なのか自覚していない人は命知らずだといえる。
海外旅行で自分の身を守る方法


本当にあった!海外旅行の恐ろしい話
本当にあった!海外旅行の恐ろしい話
旅は本来、危険なものである。
文化や風習が違う未知の場所に行くのだから、予期せぬトラブルが起きて当たり前だ。だが、なかにはトラブルという言葉には収まらない衝撃の経験をすることがある。
本書は6人の著者が海外旅行で経験した恐怖体験をまとめたものである。詐欺、スリ、強盗、傷害、誘拐、監禁……アジアやヨーロッパ、アメリカ大陸、アフリカと世界中を旅してきた著者たちはどのような危険に直面し、またどのようにしてそれを乗り越えたのか。その顛末をご覧いただこう。

  • 著者: 海外危険情報編集班
  • 出版社: 彩図社
  • 発行日:2008/7/30

本当にあった!海外旅行の恐ろしい話


危ない世界一周旅行
危ない世界一

周旅行旅は本来、危険なものである。 未知の場所に行くのだから、当然、それまでに遭遇したことのないトラブルに巻き込まれる危険性はある。 比較的“安全”と言われているアジア諸国でも、強盗、殺人、誘拐、窃盗といった犯罪は毎日のように起こっている。危険度がグンと増す、中南米、アフリカなどに舞台を変えれば、犯罪件数は跳ね上がる。 本書は、世界中を歩いた6人の著者が体験した物騒で危険なエピソード集である。 (「はじめに」より)

  • 著者: 宮部 高明
  • 出版社: 彩図社
  • 発行日:2009/11/20

危ない世界一周旅行

文字「海外旅行は細心の注意を」
文字「海外旅行は細心の注意を」