中国の不動産バブルを中国共産党が煽ったことで引き起こされた
今回の中国バブル事件。
これで隣国の韓国が恐れている事とは?

スポンサード リンク

韓国が恐れる!? バブル崩壊・中国の「日本大接近」

日刊大衆 / 2015年7月29日 7時0分

その多くは低所得者層で、日本でいう闇金業者の”まだまだ上がる!”との口車に乗せられ、借金してまで株を買っているという。
「元手の5倍まで株を購入できる”信用取引”に手を出したあげく、今回の暴落。巨額の借金を背負い、夜逃げや自殺者が今後どんどん出て来てもおかしくありません」
http://news.infoseek.co.jp/topics/taishu_16599

/
中国バブルで一番はじけ飛ぶのは中国の低所得者層とのこと。

中国共産党が仕掛けていた株価操作の賜物で引き起こされた事柄であること。
これで崩壊していないのは中国に対して海外からの外資導入があるからだ。
前年よりは半減している外資ではあるが中国政府もこのことは懸念材料にしているとのこと。しかしながら中国企業は中国で展開する外資系IT企業に対して、セキュリティーの情報開示しろという無理難題ふっかけてくる気が狂っている政府であることから今後も縮小の一途であろう。

そういう背景で中韓で行われていた反日姿勢が中国だけが柔和かした動きを見せたとのこと。
その対応というのが以下

「中国主導のAIIB(アジアインフラ投資銀行)に、日本にも参加してもらいたいという思惑あってのことです。日本が入ればAIIBの信用力がグッと高まり、影響力も増しますから」

はい。
これに参加すると中国が様様になるだけで日本にはメリットは無い事です。
前例としてウクライナに対して『主権と領土の保全を尊重』といった事を起こしていたようですが、日本に対してはただの脅迫でしかありません。

中国人観光客も右肩あがり

日本に対しての中国人観光客も右肩あがりの昨今
片方では、尖閣諸島問題で日本企業のスーパーなどを焼き討ちしておきながらダブルスタンダートが当たり前の中国人なんざ信用できるものではありません。
韓国ではタバコの価格は日本と同じ水準の1箱400円という価格のようですが、そのタバコすら変えない一般人がいるためにタバコの1本売りを行っているとのこと。

韓国は虚構の歴史問題で日本に対して反日騒動を起こすことに躍起になっていたところ
中国の習主席がニコニコ首脳会談したものだから半狂乱になったとのこと(火病がデフォな民族感)

中国の反日教育は天安門事件からメを背けるために行われていたもので30年程度。
反対に韓国は既に70年も反日教育を行っているため、反日やめたら韓国のアイデンティティーが保てないのでしょう。
このままだと韓国が孤立することは必須事項だ。(笑)


I/51QhF4HjjIL._SL500_.jpg” alt=”台湾人から見た日本と韓国、病んでいるのはどっち? (ワニブックスPLUS新書)” align=”right” border=”0″ />

台湾人から見た日本と韓国、病んでいるのはどっち? (ワニブックスPLUS新書)

嫌韓・反日感情はなぜ起こる?台湾の人たちは本当に親日で反韓?結局、日本と韓国どっちがおかしい?両国を知り尽くした台湾人の著者が日韓を7つの分野から徹底比較する!

  • メーカー: 李 久惟
  • 出版社: ワニブックス
  • 発行日:2015-06-08
  • 台湾人から見た日本と韓国、病んでいるのはどっち? (ワニブックスPLUS新書)

    動画

    動画

    韓国という国は、日本列島消し去る国家です。