シンガポールでは夜間の飲酒禁止が強化されるらしい。
これは観光で訪れた外国人にも適用されるとのこと。
何故こんな事になるのか?

スポンサード リンク

シンガポール「夜間の飲酒禁止」8割歓迎 外国人観光客にも適用へ

SankeiBiz 2月4日(水)8時15分配信
 

シンガポールは夜間の飲酒禁止など、酒類に対する規制を強化する。現地紙トゥデイなどによると、同国議会は先月、午後10時30分から翌午前7時まで公共の場における酒類販売と飲酒を禁止する酒類規制法案を可決した。外国人観光客や外国人労働者に対しても適用される同法案は、4月1日から発効となる予定だ。

81%の人が賛成しているらしいが
これは昨年1年間だけでも暴動が47件傷害事件が115件も起きていて住民の安全のために行う対応だという。

夜間に飲酒可能なエリア

  • 自宅や宿泊施設・酒類提供の許可を取得したバーなど。
  • 違反者には罰金(約9万円近い金額)
  • 警察官の取り締まりの内容を危惧するらしいが、シンガポール旅行をする人は頭にいれて置いたほうがよいだろう。

    Kindle本通販


    I/61CRGh9KabL._SL500_.jpg” alt=”るるぶシンガポール’14~’15 (るるぶ情報版(海外))” align=”right” border=”0″ />

    るるぶシンガポール’14~’15 (るるぶ情報版(海外))

    シンガポールには豊富な見どころやグルメが揃い、何からしようか迷いがち…本書では、絶対に訪れておきたい人気のマリーナエリアを巻頭で特集。もちろん、スリル満点の夜の動物園「ナイトサファリ」や、必食のご当地グルメもおさえているので、この1冊でシンガポールを満喫できること間違いなしです!

  • メーカー: JTBパブリッシング
  • マリーナ・ベイ・サンズ、ガーデン・バイ・ザ・ベイなど、新感覚のスポットが充実した「マリーナ・エリア」を大特集☆ そのほか、ナイトサファリ、リバーサファリに代表される「動物園BIG3」、エンタメ満載のリゾートアイランド「セントーサ島」もマストチェックです。もちろん、海南チキンライスをはじめとする必食6大グルメや、一目置かれる素敵みやげもしっかり網羅しているので、シンガポール初心者でも、見逃し・食べ逃し・買い逃しの心配ご無用。進化系エキゾチックシティの旬&定番情報は、これ一冊で完璧!

  • 出版社: JTBパブリッシング
  • 発行日:2014-04-16


  • るるぶシンガポール’14~’15 (るるぶ情報版(海外))

    村田マリがシンガポールに移住した理由とは?という記事がカチンと来る理由