ウォルト・ディズニー社が中国の上海にディズニーランドを作るらしい。

中国国内ってただでさえ非常識な行動が問題視されることが多いが大丈夫なのか非常に不安だ。

上海ディズニーランド、2016年春に開園へ

ロイター 2月4日(水)8時52分配信

[3日 ロイター] – 米ウォルト・ディズニー<DIS.N>のロバート・アイガー最高経営責任者(CEO)は、テーマパーク「上海ディズニーランド」が2016年春に開園する計画だと明らかにした。

リンク切れ

上海にディズニーランド・・・って
Googleですら逃げ出した中国市場に、ディズニーランドが進出するのも何か違和感。
ただでさえパクリ商品が多い中国で、ディズニーがどういう商売が成り立つのが見物ということと、果たしてあのようなテーマパークが受けるのかも微妙だ。

気になる点

普通に中国人観光客の海外への旅行が増えているとはいえ、中国国内でスタッフ雇い入れてまともにディズニーランドの機密や内容が漏れないのかが気になる。
機器の整備や建物の整備その他諸々で品質を維持するのは骨が折れそうなイメージでどうしても考えてしまう。
中国人の常識と来訪者で考えるとちょっとリスクが高い気がする。

日本と中国の差。

ちなみに東京ディズニーランドは開園が1983年(昭和58年)4月15日というこで年間来場者は、3129万8000人(ディズニーシー含む)とのこと。中国は人口が13億4千万人ということなので、軽く日本の10倍以上の人口が見込めるので、ディズニーが進出したがるのは理解できるし売り上げも相当なものになるとおもわれるが、果たして成功するのかが気になるばかり。
今後上海のディズニーの方が規模やアトラクションが豊富になったら、日本から旅行したほうが良いという流れになるとこれまた気にはなる。ただ実際これは開始しないとパンドラの箱に思うばかり


I/51ZcfFHe%2BDL._SL500_.jpg” alt=”東京ディズニーランド アニバーサリーズ&ファンティリュージョン! <ノーカット版> [Blu-ray]” align=”right” border=”0″ />

東京ディズニーランド アニバーサリーズ&ファンティリュージョン! <ノーカット版> [Blu-ray]


~特別な年の、特別な思い出。30周年のフィナーレによみがえる、あの日の夢と魔法。~

『東京ディズニーランド アニバーサリーズ&ファンティリュージョン! <ノーカット版>』

東京ディズニーランド(R)で開催された15・20・25周年の4つのショーやパレードと、絶大な人気を誇ったレギュラーショー「ディズニー・ファンティリュージョン! 」を、すべてノーカットで収録した永久保存版!

  • 出版社: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • 発行日:2014-03-05
  • 東京ディズニーランド アニバーサリーズ&ファンティリュージョン! <ノーカット版> [Blu-ray]


    I/51HapKVqhiL._SL500_.jpg” alt=”東京ディズニーランド完全ガイド 2015-2016 (Disney in Pocket)” align=”right” border=”0″ />

    東京ディズニーランド完全ガイド 2015-2016 (Disney in Pocket)

    5月29日からスタートした、シンデレラ城が舞台の夜のエンターテイメント「ワンス・アポン・ア・タイム」。プロジェクションマッピングで、シンデレラやふしぎの国のアリス、美女と野獣、今話題のアナと雪の女王ほか、ディズニー映画の世界が、シンデレラ城に次々と映し出されていきます。
    この魅力あふれる夜のエンターテイメントをはじめ、9月8日に「ジャングルクルーズ:ワイルドライフ・エクスペディション」として、リニューアルオープンされる「ジャングルクルーズ」速報など、最新情報が満載です。

  • 著者: 講談社
  • 出版社: 講談社
  • 発行日:2014-10-18
  • 東京ディズニーランド完全ガイド 2015-2016 (Disney in Pocket)