暑い日に熱いラーメン食べるべきではないと昨日わかりきっていたものの竹末東京プレミアムが限定麺をやっていなかったので吉法師の限定食べにいってみた。
吉法師 7月8月限定の向日葵(海老ラーメン)
価格は900円
お勧めしたい人は拉麺吉法師で「鶏白湯 塩」と『鶏清湯 青』は既に食べ終えた人向けだと思う。
一般的な海老塩ラーメン期待すると、ちょっと違う癖があるラーメンが出てくるのが注意点です。

スポンサード リンク

動画

食べた感想

吉法師 7月8月限定の向日葵(海老ラーメン)
スープは、あっさりな塩ラーメンという印象。
どろどろ系ではなく、普通の塩ラーメンのようなスープを想像した方がいい程度のスルスル度合い。
スープ単体では海老海老しさは弱いのかもしれない
海老らしさ補強のアクセントになるもの
茶色い部分が気になっていたのですが、
これが海老臭さ補強される。
悪い例えだと、魚の練りえさに混ぜられていそうな風味を強く感じさせる何か。
海老などの粉末なのだとは思うのですが、これスープにあることで、食欲は増す。
好き嫌いで左右されそうなアイテムですが、好きな人は好きな味だと思う。
個人的にはコレのせいでビールをもっと飲みたくなってしまった。
多分多少の辛みも含まれている気がした。

具は

煮卵 吉法師 7月8月限定の向日葵(海老ラーメン)
麺は細目な麺に、ネギ・ホウレンソウ・煮卵・鶏チャーシュー
具による相乗効果は特段感じられない。
ネギはオイシイ。
全体としては強烈にスープが強いわけでもないのですが、たまに食べる品としてならありかな程度。
完食・完飲できましたが、写真撮り忘れ。
季節限定ですし青とか食べた人でも楽しめるラーメンだとは思う。
青ほどの衝撃もなければ、ここの白湯ほどの味の珍しさとも違う
海老(塩)ラーメンな印象だけが残る。
※向日葵っぽさは外見(色)だけです。
他店塩らーめんとの比較
現在はメニューで休止している麺屋 頂 中川會芳香塩らーめん|東京都墨田区ラーメン屋では干し甘えびだけで海老感は結構アクセンとで感じられ点は秀逸に感じたりもした。
ただこれはスープの塩がボディーとして弱い感じも否めない印象が残った。
反対に吉法師のひまわりのスープは海老の清湯でしっかり味はする。

海老塩ラーメン(期間限定)らーめん潤亀戸店これよりも海老味は強いのですが、吉法師のはまとまりがバランス悪く。

竹末東京プレミアムの限定麺 海老塩そばと比較しても、吉法師のはバランスを欠く海老の強さ。
(茶色い奴多めで注文したオイラが悪いのですけどw)
吉法師のは本体のスープの海老濃度がもっとあればなという印象は残る。

Twitter

所在地


拉麺 吉法師の所在地は浅草駅と東京スカイツリー駅の中間くらいにある地下鉄本所吾妻橋駅の最寄りになる。
1本裏通りに位置するため事前に場所は覚えておいた方が良い。
定休日は水曜日だ。
土日営業は行っている。