東京都墨田区にあるラーメン屋 麺処なんでやねんにて:「つけ麺」を食べてみた。

つけ麺
つけ麺850円

「醤油」で注文
トッピング1品無料はネギトッピング。
麺熱いで注文したらこんなのが出てきた。

スポンサード リンク

動画


これで出されて、麺がお湯に浸かっている状態でやや期待薄く、
麺も太めでないので残念感増。
レンゲもついていないのでスープに自身ないんだろうなというのが予想された。

感想

味は「しょうゆ」で注文

  • 味玉半分
  • モヤシ
  • 海苔
  • ネギトッピング(無料トッピングにて追加)
  • 麺は中くらい(普通の醤油麺に入っている麺と違わなそう)
    モヤシの量が多い(この水分と麺の水分でつけのスープは相当薄まる)
    スープは普通のラーメンにちかい濃い濃度ではあるもののドロドロといったものではない。
    ボリュームは多いとは思うがつけ麺としては、残念な仕上がり
    スープが濃いだけな味であるため普通に醤油ラーメン頼んだほうがいいかなという味でしかない。
    つけ麺の方が+100円でも具のボリュームは多いのですが、味で抜きんでる要素がまったくわからなかった。
    普通に醤油麺のが良い。
    まぁ醤油ラーメンも値上がりして今の750円では
    味とお得度では数年前に600円だった時からすると
    今現在の味と価格では、魅力は全く無いのですが…。
    個人的には、3年前位の豚肉チャーシューが脂身が多い日があったり、スープがぬるかったり、背油の分量がイマイチだったりした頃の
    稀にウマイと思える日があった時の一杯の方が、オイシかった気がしてならない。
    (当時雨の日ならさらにトッピング+1でしたし。これも残念度押し上げている要素)
    今はスープも麺も味は安定してはいるけども価格相応の味には到底感じない残念感がある。
    というか肉薄すぎですよね?
    麺屋鶏豚(トリトンtori ton) ラーメン屋 最寄り駅:京成曳舟駅開山などは650円でもボリュームが少ないのと味に突出する要素も無いため。
    ちなみに昔はここの店舗も前を通ると豚骨くさかったのですが最近はまったくそんなことがないので、今では(何年か前から)ずっと業務用スープなのかなと思う日々です。
    ここ1年程度は割と、スープの味や温度は適切なのですが、いまいち抜きんでる要素がないので残念感。
    肉が薄いので750円の満足度には至らない(もやしネギのボリュームは良いのですけども…。肉の劣化も残念すぎる)

    近隣店との比較

    まだ、つけ麺としてはすずめ食堂のつけ麺のが肉がしっかりしているので良いかなという印象。

    ラーメンレシピ | ラーメン屋の原価 | ラオタとは | ラーメン通販ランキング

    アマゾンAmazonで『ラーメン屋』を検索する。

    楽天ロゴ楽天市場で『ラーメン屋』を検索する。

    世界初、ラーメン店に「一つ星」 Japanese Soba Noodles 蔦焼豚醤油そば(ラーメン屋)

    話題のラーメン店真鯛らーめん 麺魚 特製真鯛らーめん1050円|東京都墨田区ラーメン屋