限定麺 白い混ぜそば 竹末東京プレミアム(東京都墨田区押上駅近くのラーメン店)
限定麺の白いまぜそば1000円
食べてみて面白い味だった。
麺量は見た目よりは、縦に深い容器だったので並みの量があった。
スープは比率すくなめ。
生臭みが有る海鮮の味が嫌いでなければ面白い味の麺類だった。

スポンサード リンク

Twitterより


Twitterの画像見て、麺量少なすぎないか?と思って、
限定麺の価格と合わせて
食べるライスどれが無難なのか想像してしまった。

動画

食べた感想

限定麺 白い混ぜそば 価格1000円でした。
スープの印象は、魚介類の臭みが強い事
牡蠣とかの臭みなのでしょうけど、これは他の風味に勝って強い。
湖沼とかネギ・玉ねぎがあるので多少まぎれるものの、タルタルソースでも食べている錯覚に陥る。
スープの味が、好みで、好き嫌いは大きく分かれそうな印象。
個人的にはビールよりもアルーコール度数高めの酒が欲しくなる味だった。
ライスメニューが売り切れでなかったら
トリュフチーズライス入れたら、
どんな味だったのかは、非常に気になった(ライス類売り切れだったorz)

「ご飯が無ければパン」とか頭の中で連想しつつも、パンがあるわけもないし、
ライスもの以外のトッピング追加するにも味玉とかだとちょっと違うので諦めました。
食べ終えた図 限定麺 白い混ぜそば 竹末東京プレミアム
麺や具は、全般的に美味しい味
今回の限定麺の肉はいつもの肉とは全く別種の肉(ニシン(魚)なのか?)だったのですが
普通に美味しい物でした。
※ビール飲みすぎてて、まともに判断つかない輩の感想です。

ヤシオマスの塩そばや鶏ホタテそばに類似する印象のスープでしたが
限定麺らしく個性際立つ味なものの、
スープの味がこれだという物がはっきりしたら相当おいしいのではと思ってしまった。
色々と味が沢山で、これというものが明確にわかりにくかった感じは残る。
もう少し工夫されたらさらに美味しい麺類になりそうな気がした。
ラーメンというよりは洋食より過ぎなんでしょうけどねw

通常版のまぜそば 竹末東京プレミアムにて、サンマとイカのまぜそば900円

お勧め記事宅麺:自宅でラーメン屋のラーメンを食す